動物病院トップ > 動物病院一覧 > コジマ浦和動物病院

コジマ浦和動物病院

icon_animal_2.png icon_animal_1.png icon_animal_title.png
※犬猫以外は来院前に必ずご連絡ください。動物種によって最適な診療が行えるよう他院をご紹介させて頂く場合がございます。
hospital_line.jpg
hospital_ad.png
埼玉県さいたま市南区白幡4-22-1-1F hospital_map.png
hospital_tel.png
048-615-1112

hospital_time_txt.png
 
10:00~12:15 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
15:00~18:45 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
hospital_parking_txt.png
あり。
txt_parking_about.jpg
専用の無料駐車場を18台(道路を挟んだ反対側の立体駐車場1F)ご用意いたしておりますのでご利用ください。

  • 2016年12月( )
  • 2017年1月の獣医師の出勤について
  • 2016年11月( )
  • 12月の獣医師の出勤について
  • 2016年10月( )
  • 11月の獣医師の出勤について
  • 2016年05月( )
  • 蕨錦町店の往診 獣医師変更のお知らせ
  • 2016年03月( )
  • ご来院される方へ 
  • 2015年11月( )
  • 院長交代のお知らせ【11/16(月)~】
    蕨錦町店の往診 獣医師変更のお知らせ【11/28(土)~】
    亀戸病院から宮下獣医師が浦和病院に異動になりました。
    佐藤獣医師の浦和病院診察日変更について
    モラージュ菖蒲往診について
  • 2015年10月( )
  • 11月分の獣医師スケジュールについて
  • 2014年02月( )
  • デンタルキャンペーン
  • 2013年12月( )
  • ★年末年始のお知らせ★
    異物の誤飲には注意!
  • 2013年10月( )
  • 食べさせてはダメなものって何??
  • 2013年09月( )
  • 10/6(日)の終日と10/13(月)の午後は院長(高木獣医師)が不在となります。
  • 2013年08月( )
  • 佐藤獣医師の異動のお知らせ
    ★熱中症対策★
  • 2013年07月( )
  • ペットナビ(コジマのフリーペーパー)
    7/21(日)は院長(獣医師高木)が不在となります。
  • 2013年06月( )
  • うちわプレゼント★
  • 2013年05月( )
  • 往診としつけのお知らせ
  • 2013年04月( )
  • ★乗り物酔いの対処法★
    開院1年のご挨拶
    アニマルドック~記念写真のサービス~
    ★春の歯みがきキャンペーン★
    ノミ・マダニ予防(マダニ編)
  • 2013年03月( )
  • ノミ・マダニ予防(ノミ編)
  • 2013年02月( )
  • パピーパーティ・レポート
  • 2013年01月( )
  • パピーパーティ開催します!
  • 2012年12月( )
  • 年末のご挨拶
  • 2012年11月( )
  • フィラリア・ノミ予防はいつまでやるの?
  • 2012年10月( )
  • しつけ相談会が増えます!
  • 2012年09月( )
  • 出勤日に変更があります
  • 2012年08月( )
  • しつけ相談会レポート
    院内セミナー
    しつけ相談会、やります!
    お知らせ・・・獣医の出勤について
  • 2012年07月( )
  • 内視鏡
  • 2012年06月( )
  • 「定期駆虫」をしてみましょう
    全身麻酔について
    ノミについて
    猫のフィラリア症について
    「アニマルドック」してみませんか?
    フィラリア予防はされていますか?

    2017年1月の獣医師の出勤について2016/12/25

    獣医師スケジュールを更新しました。
    担当の獣医師がいる方は、獣医師スケジュールで診察日をご確認下さい。
    手術やセミナー関係などで、急な診察日の変更もございますのでご注意下さい。 .

    12月の獣医師の出勤について2016/11/24

    獣医師スケジュールを更新しました。
    担当の獣医師がいる方は、獣医師スケジュールで診察日をご確認下さい。
    手術やセミナー関係などで、急な診察日の変更もございますのでご注意下さい。 .

    11月の獣医師の出勤について2016/10/29

    獣医師スケジュールを更新しました。
    担当の獣医師がいる方は、獣医師スケジュールで診察日をご確認下さい。
    手術やセミナー関係などで、急な診察日の変更もございますのでご注意下さい。

    蕨錦町店の往診 獣医師変更のお知らせ2016/05/14

    毎月第2、第4土曜日におこなっております蕨錦町店往診ですが、
    5/28より担当獣医師が変更になります。

    浦和病院 佐藤院長

    浦和病院 西原獣医師

    急な変更となり申し訳ございませんが、宜しくお願い致します。

    ご来院される方へ 2016/03/31

    【獣医師の診療日について】
    担当の獣医師がいる方は、獣医師スケジュールで診療日をご確認下さい。
    手術やセミナー関係などで、急な診療日の変更もございますのでご注意下さい。

    ※高木獣医師の診療日について
    7月は新病院立ち上げのため、高木獣医師の診療日が大幅に減ります。
    高木獣医師の患者様には大変ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。
    診療日は以下の通りです。

    7月1日(金)、15(金)、22(金)、29(金)

    【予約制ではございません】
    当院の診療(犬・猫の診察、ワクチン等)は予約制ではございません。
    (手術、アニマルドックのみ予約制です。)

    【コジマのペットショップでお迎えになった方】
    初診の際に、お店でご契約いただいたときにお渡しした黄色のファイルの書類一式をお持ち下さい。
    カルテの登録がスムーズに行えます。
    また、無料健診チケットのご利用も予約は必要ありません。

    【コジマのペットショップ以外でお迎えされた方、他院から転院の方】
    ペットの子の生年月日、ワクチン歴、治療歴などが分かる書類をお持ち下さい。

    【去勢、避妊手術について】
    生後6ヶ月くらいから、成長具合に合わせて手術が可能です。
    ご予約の前に、必ず診察にお越し下さい。
    成長具合のチェックや、麻酔リスク・手術当日の流れ等のご説明を致します。
    手術費用のご説明も診察にて致します。
    ※土日祝日の手術のご予約は込み合っている為、2ヶ月程先のご案内になります。
    術前の診察を受けて頂いてからご予約を承ります。

    【ペット保険のご利用について】
    当院では、以下のペット保険の窓口精算が可能です。
    必ず保険証券(加入証)をお持ち下さい。お持ちでない場合、窓口精算ができません。

    ・ペット&ファミリー(P&F)小額短期保険
    ・アニコム損害保険 
    ・アイペット損害保険

    プランや症状により、保険適応外になる場合や窓口精算不可の場合もございます。
    あらかじめご了承下さい。
    その他の保険にご加入の方も、保険証券、必要書類をお持ち下さい。

    ※ワクチンやフィラリア症予防薬、ノミダニ予防薬等、予防のための診察・検査・処置・お薬に関しては、全て保険適応外です。

    院長交代のお知らせ【11/16(月)~】2015/11/12

    浦和病院の院長が高木獣医師から佐藤獣医師に代わります。
    今後とも、よろしくお願い致します。

    なお、それに伴い高木獣医師の診療が今後予約制となる予定です。
    予約制診療開始後は、既に高木獣医師が担当させていただいております患者様に限りまして、継続して診療いたします。
    予約制診療の開始日、診療日につきましては、決定次第こちらにてお知らせいたします。

    よろしくお願い致します。

    蕨錦町店の往診 獣医師変更のお知らせ【11/28(土)~】2015/11/11

    11/28(土)から蕨錦町店の往診の獣医師が、佐藤獣医師から宮下獣医師に変更になります。
    ※11/14(土)の往診は佐藤獣医師です。

    よろしくお願い致します。

    亀戸病院から宮下獣医師が浦和病院に異動になりました。2015/11/11

    11月11日(水)より、亀戸病院から浦和病院に宮下獣医師が異動となりました。
    宜しくお願い致します。

    佐藤獣医師の浦和病院診察日変更について2015/11/05

    佐藤獣医師の浦和病院診察日について変更があります。
    今後の日曜日においてはモラージュ菖蒲往診に変更になりますので、浦和病院には終日不在となります。
    また、浦和病院獣医師の出勤日についてはまだ未定となります。
    ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。

    モラージュ菖蒲往診について2015/11/05

    11月15日より、モラージュ菖蒲の往診担当医が浦和病院所属の山田獣医師から佐藤獣医師に変更になります。
    ご迷惑をお掛けしますが何卒よろしくお願い致します。

    11月分の獣医師スケジュールについて2015/10/23

    11月11日以降の獣医師スケジュールおよび菖蒲往診の担当獣医師につきましては、現段階ではまだ未定となっております。
    大変ご迷惑をおかけしますが何卒よろしくお願い致します。

    デンタルキャンペーン2014/02/07

    102454_ext_03_0.png 今月からコジマ動物病院では、デンタルガムキャンペーンを行っています!


    キャンペーンの内容は・・・

    ★動物病院専用のデンタルガムご購入の方に、
     はみがきセット(歯ブラシ・ペースト・ガム1本)をプレゼント!!

    ★ガムご購入時にスタンプカードを発行し、スタンプを5つ貯めて頂くと、
     ガム1袋をプレゼント!!



    わんちゃんの歯についてしまった歯垢は、三日で歯石になると言われています。
    一度歯石になってしまうと、おうちのクリーニングではとれません・・・。


    唾液にはもともと歯垢の元である菌の増殖を抑える物質が含まれていますが、
    このガムに含まれる酵素がこの働きを助けます!

    歯石になる前の段階で悪い菌を退治しましょう!
    (病院のガムはカロリーにも配慮しています☆)


    しかしガムだけのケアも限界があるので、
    今回のキャンペーンでお渡しする歯ブラシによるケアもお試し頂けたらと思います!


    一度に1袋購入して食べなかったらもったいないしなぁ・・・と心配な方も、
    浦和病院ではお気軽に試せる1口サイズのサンプルもお出ししています☆



    ☆デンタルケアのことについては、病院スタッフにお気軽にお尋ねください☆

    ★年末年始のお知らせ★2013/12/21

    今年も残りわずかですね。
    今年も浦和病院にご来院いただきありがとうございました。
    来年はさらなる診療の充実を目指し、スタッフ一同努力していきます。

    来年は1/6(月)から獣医師のシフトが変更になります。
    大変ご迷惑をおかけいたしますが、ご了承ください。
    獣医師スケジュールでのご確認をお願いいたします。
    ※年末年始は通常営業を行います。
     なお12/31(火)は休診日になります。

    異物の誤飲には注意!2013/12/07

    今年もあと1ヵ月きりましたね。
    最近、当院では『異物の誤飲』が多発しています!!
    今まで実際にあったものでは・・・
    コイン
    トウモロコシの芯
    おもちゃ
    マグネット
    クリップ
    髪止め

    釣り針
    糸付き針
    梅干しの種
    異物は物によっては命に関わる事もあるので本当に注意してください!
    おもちゃなど誤飲する可能性があるものは床に置かないようにしましょう。
    誤って異物を食べてしまった場合はすぐに病院まで連絡してください!
    病院では食べてしまった物によって催吐処置を行う場合と麻酔をかけて内視鏡、胃・腸切開を行う場合があります。
    形と大きさが重要なので、できるだけ食べてしまった物と同じ物を持ってきてください。

    食べさせてはダメなものって何??2013/10/19

    すっかり涼しくなり、秋らしくなってきましたね★
    秋といえば食欲の秋!美味しいものがたくさんあるので、ついつい愛犬・愛猫にもあげたくなってしまう気持ちはよくわかります。
    しかし、その食べ物で愛犬・愛猫が体調を崩してしまえば元も子もありません!
    そこで今回は食べさせては×なもののお話をしていきます。
    下記のリストを参考にしてください。
    基本的には人の食べ物はあまりあげないようにしましょう。
    もし誤って食べてしまった時は病院まで連絡してください!

    ※食べさせては×なもの
    ◎ネギ類(玉葱、にんにく、ニラ、らっきょうなど)
    玉葱やにんにくなどのネギ類には赤血球を破壊する毒素が含まれています。
    貧血と血尿が主な症状となりますが、それに伴い頻脈、呼吸困難、衰弱、粘膜蒼白となり、嘔吐や下痢が認められる場合もあります。
    ◎カカオ類(チョコレート、ココアなど)
    カカオ類には中枢神経を刺激する毒素が含まれています。興奮、頻脈、不安、あえぎ呼吸、嘔吐、下痢、痙攣、失神、呼吸困難を起こすことがあります。
    量によっては急性心不全などを引き起こすなど死に至る場合があります。
    ◎ブドウ、レーズン
    症状としては、嘔吐・下痢・腹痛などがあります。腎不全を起こした場合は死亡することもあります。
    ◎鶏、魚の骨
    鶏の鋭く尖った骨や鯛などの硬い骨は、消化器官等を傷つける恐れがあります。
    ◎生魚
    マグロ・カツオ・アジ・サバなどの青物の魚を過食すると、不飽和脂肪酸により黄色脂肪症(イエローファット)になり、腹部の脂肪が酸化・炎症を起こします。
    ◎イカ、タコ、アワビなどの貝類
    ・イカやタコにはビタミンB1を破壊する酵素が含まれており急性ビタミンB1欠乏症を引き起こし、重篤になると目の瞳孔が開き不自然な歩き方になります。消化不良の原因にもなるので与えないでください。
    ・アワビなどの貝類の内臓を食べ日光に当たると、重度の皮膚炎を起こし耳の組織が壊死してしまう場合があります。

    10/6(日)の終日と10/13(月)の午後は院長(高木獣医師)が不在となります。2013/09/26

    10/6(日)の終日と10/13(月)の午後は院長(高木獣医師)が不在となります。
    大変ご迷惑をかけますが宜しくお願いします。

    佐藤獣医師の異動のお知らせ2013/08/21

    佐藤獣医師が亀戸病院から浦和病院に異動になりました。
    8/18より浦和動物病院にて診察を行っておりますのでよろしくお願いします。

    ★熱中症対策★2013/08/20

    お盆が終わったというのに、毎日毎日暑くて大変ですが、愛犬の熱中症対策はされていますか?
    人間と同様、ワンちゃんも熱中症になります。 
    犬の体には肉球の裏に汗腺があるだけで、人間のように大量に発汗して体温を下げることができません。
    そのため暑くなると、舌を出してハァハァと速く浅い呼吸(パンティング)を行い、体温を下げようとします。
    熱中症の初期症状はこのパンティングがさらに速くなり、喘ぎながらよだれを流し始めます。
    高危険レベルになりますと、舌や唇が青紫色になります。
    脳障害など受けることもあるので必ず病院にいらしてください!

    では実際に熱中症になってしまったらどうすればいいのでしょうか?
    ① 水分補給
    ② 身体を冷やす(保冷剤などをタオルで包み、脇や内股に入れる)
    ※冷やしすぎには注意です!
     犬の平熱は38℃~39.5℃と高く、熱中症では40℃近くになります。
    ③ 病院へ相談!

    最後に熱中症対策です。
    ① お散歩は早朝か夜で!
    ② エアコンか扇風機をつけて部屋の温度を下げる。
    ③ 車の中で犬たちだけでのお留守番は絶対×!

    しっかり熱中症対策を行い、愛犬と一緒に暑~い夏を乗り切りましょう!!

    ペットナビ(コジマのフリーペーパー)2013/07/03

    81764_ext_03_0.jpg 初めてペットを飼うことになって楽しみな一方で、心配なことや分からない事がたくさんあると思います。
    そこでコジマでは『ペットナビ』というフリーペーパーを新しく作りました。

    創刊号では、これから来る暑~い夏に備えて熱中症の対策法の他にワンちゃん用のアイス、ペットクーラー(電気を使わずひんやり快適なシート)、瞬間冷却のスプレーといった夏アイテムの紹介が載ってます★

    さらにローションなどのお手入れグッツ、除菌・消臭剤、キャリーといった
    おススメ商品の他に愛犬・愛猫に合ったフードの選び方まで網羅しています!

    獣医やドッグトレーナーといったプロの先生へのインタビューのコーナーでは注意したい食べ物(ネギ・チョコなど)やおやつのあげ方の他に歯みがきのやり方、しつけのコツなどの特集があります。
    ぜひ読んで参考にしてください!!

    ペットナビはコジマの病院やショップで無料配布しています。

    7/21(日)は院長(獣医師高木)が不在となります。2013/07/03

    7/21(日)は獣医師高木が不在となります。
    大変ご迷惑をお掛けいたしますが、宜しくお願い致します。

    うちわプレゼント★2013/06/26

    81207_ext_03_0.jpg 毎日毎日雨ばかりですが、もうすぐ暑~い夏がやってきます!
    そんな暑い夏にむけて会計が2,000円以上の方に写真のコジマ特製うちわをプレゼントしています★
    ※カーナビをご利用の方に。
    電話番号で検索すると病院とは違う場所が出てきます。
    ご利用の際は住所での検索をお願いいたします。

    往診としつけのお知らせ2013/05/11

    5月から毎週日曜日は菖蒲店往診が浦和病院の担当となります。
    よりいっそう病院と往診の連携を心掛けていきます。

    6月からパピーパーティーとしつけ教室の日程が下記のように変更となります。
    予約制となりますので、よろしくお願いします。

    ☆パピーパーティー
    前:第1,3木曜日⇒後:第2,4金曜日

    ★しつけ教室
    前:第1木曜日 ⇒後:第2金曜日

    ★乗り物酔いの対処法★2013/04/27

    75711_ext_03_0.jpg いよいよGW(ゴールデンウイーク)に入りましたね!
    GWの予定はお決まりですか?
    愛犬とドライブに出かける予定の方はぜひ乗り物酔いの対処法をしてから出かけましょう☆

    ◎乗り物酔いのワン!ポイントアドバイス◎
    ①出発前の食事は控えましょう。
    ②やさしい運転でこまめに休憩をとりましょう。
    ③愛犬のサインを見逃さないように。
     ⇒ヨダレが出る、落ち着かない、ハアハアしてる、キョロキョロするなど
    ④車酔いしてしまったら、まず休憩を。

    それでも、車酔いをしてしまう子はいます。
    よく効く酔い止めのお薬が病院にありますので、ぜひいらして下さい!

    開院1年のご挨拶2013/04/27

    去る4月20日で浦和病院は開院1年になりました。
    日頃から当院にご来院いただき、心から御礼申し上げます。

    当初獣医一人で診療をしていた時期もありましたが、現在ではスタッフも増え獣医四人体制で診療を行っております。再診などは最初に担当した獣医が継続して診療を行いますので、可能な限り指定された再診の日にご来院下さい。

    また、担当獣医のご希望がありましたら受付時にスタッフにお申し付け下さい。

    予防シーズンに入り病院が混雑するため、診療までにお待たせしてしまうことも多いかと思いますが、最良の医療を提供すべくスタッフ一同全力で頑張っていますので何卒ご了承下さい。土日に比べて平日の方が待ち時間が短いため、平日のご来院をおすすめしております。

    これからも浦和病院をよろしくお願いします。

    アニマルドック~記念写真のサービス~2013/04/17

    74132_ext_03_0.jpg お宅のワンちゃん、猫ちゃんは何才になりますか?
    犬猫は成長が早く、1年半で約20才をすぎると、1年で約4才ずつ年を取っていきます。(人の3-5倍のスピード!)

    人と同じように犬や猫も高齢化が進み、健康そうに見えても様々な病気が潜んでいることがあります。症状を訴えることが出来ない愛犬・愛猫の健康を守るために定期的な健康診断が大切です。
     
    一度アニマルドックを受けてみませんか?
    アニマルドックは人間ドックのようなもので、歯のチェック、尿・便検査、 
    身体の全体的なチェックができます。

    さらに、浦和病院では、結果を右の写真のように愛犬・愛猫のカワイイ写真
    付きの冊子でお渡ししています!きっといい記念になるはず!!

    ※アニマルドックは基本的には予約制になります。(電話予約OK!)
      
    ①基本コース          :歯のチェック、尿・便検査、身体検査
    ②血液検査コース        :基本コース+血液検査
    ③血液検査+レントゲン検査コース:基本コース+血液検査+レントゲン検査
    ④メタボリック検査コース    :基本コース+血液検査・脂質代謝検査
    ⑤アレルギー検査コース     :基本コース+血液検査・アレルギー検査

    ★春の歯みがきキャンペーン★2013/04/10

    73390_ext_03_0.jpg 『歯みがきをしないと虫歯になる』と人では常識のように思われていますが、
    犬でも歯みがきをする必要があるのでしょうか?
    答えは「YES!」。ただ、犬では虫歯ではなく、歯周病の予防のためです。

    歯周病は口の中に歯垢や歯石がたまり、歯肉炎などが起った状態をいいます。
    歯周病になると、口臭が強く、歯肉が腫れて出血しやすく、歯がグラグラになって抜け落ち、硬いものが食べられなくなります。

    3才以上の犬の80%以上がかかっているという歯周病。
    歯周病は口の中だけではなく、胃腸や心臓などにも影響を与える事もあります。
    口臭が強く、歯石が気になる方は麻酔をかけて行うスケーリング(歯石除去)も行っていますので、一度病院まで相談にいらして下さい!

    そんな怖い歯周病を予防するため、愛犬の歯のお手入れをしましょう!
    ただ、愛犬の歯みがきをするのは実際、けっこう大変!!
    そこで『デンタルケアスターターキット』がおススメです☆
    様々な歯のお手入れグッズが入っているので、その子に合う歯のお手入れ法を見つけることができます。
    今ならキャンペーン中なので、通常2,200円のところ、なんと1,000円!!
    試してみるなら今がチャンスです。(4-5月限定)

    デンタルケアスターターキット
    (歯ブラシ、歯みがきペースト、ベジタルチュウ、アクアデント)

    ★お口をさわっても怒らない子には・・・歯ブラシ+歯みがきペースト
                           ⇒歯石をつきにくくします

    ★噛むのが好きな子には     ・・・ベジタルチュウ(歯みがきガム)
                           ⇒噛むだけで歯みがき

    ★毎日続ける自信がない方には  ・・・アクアデント
                           ⇒飲み水に入れるだけで歯のケア

    ノミ・マダニ予防(マダニ編)2013/04/03

    桜が散り始めましたが、葉桜もなかなか見応えありますね★
    さて今回は、マダニのお話をしていきます!
    マダニは8本脚からなる節足動物で、クモやサソリに近い生き物です。
    広い公園や河川敷の草むらにひっそりと潜んでいて、動物が通過する際に体温や二酸化炭素、振動などを感知して、すばやく乗り移ります。
    そして1-2週間かけて吸血するのです。

    愛犬の鼻や目、体に、”黒いイボ“がついていると来院した方はマダニが寄生していることが多いです。
    ここで注意!マダニかも?と思っても無理やり取ろうとしてはダメ!!
    マダニはギザギザの歯がついた顎を持ち、無理に引きちぎると口の部分が皮膚内に残り、化膿する危険性もあります!ぜひ病院までいらして下さい!

    マダニは皮膚炎、貧血の他に様々な感染症の原因となります。
    (バべシア症、ライム病、Q熱など)
    さらに、今、ニュースで話題の「重症熱性血小板減少症候群」(SFTS)。
    新しい人の感染症で、発症すると下痢や嘔吐などを繰り返し、死亡する恐れがある恐ろしい病気です。ぜひマダニも予防しましょう!

    ※マダニの予防時期:5-11月頃、1か月に1回のお薬です!
    ※予防薬はスポットタイプと飲み薬があります。

    〇スポットタイプ・・・・・①マイフリーガード(ノミ・マダニ)
    (背中に付けるタイプ) ②レボリューション(ノミ・フィラリア・耳ダニ)

    〇飲み薬・・・・・・・・・コンフォティス錠(ノミ・マダニ)

    ノミ・マダニ予防(ノミ編)2013/03/31

    もう桜も満開になり、とうとう春がやってきましたね☆
    ただ暖かくなってくると、ノミ・マダニが活動しはじめます。
    そこで今回は、ノミのうんちくを語っていきたいと思います!

    “ノミ”は哺乳類などの体表にすみ、吸血して生活する寄生虫です。
    暖かくなってくると(13度以上)活動をはじめます。
    『ノミは高くとびはねるが、上手く着地できない』という話を聞いたことがありますか?ノミは発達した後脚を持ち、体長の60倍の高さ、100倍の距離の跳躍をする事ができます。ただ、着地は下手なようです(笑)

     ノミ取り櫛で被毛を梳いて発見するか、体表に赤黒いフケ状の小さな塊があればノミの糞かもしれません。塊を濡れたティッシュにおいて赤くにじんだらノミ糞です。(ノミが摂取した血液が排出されるため)

    ノミはただ皮膚がかゆくなるだけでなく、ペットやヒトにも病原体を伝播してしまうことがあります(瓜実条虫、猫ひっかき病)
    病院には効果的なノミの予防薬がありますので、ぜひノミ予防をはじめてあげてください!

    ※予防時期:5-11月頃、1か月に1回のお薬です!
    ※予防薬はスポットタイプと飲み薬があります。
       
    次回はマダニについてとお薬について詳しく説明します!

    パピーパーティ・レポート2013/02/11

    68541_ext_03_0.jpg 2月7日、浦和病院で初めてのパピーパーティが開かれました!
    当日は初めてワンちゃんを飼われた3組の方々にご参加頂きました。
    皆さんはこのような会は初めてということで、オーナーさんもワンちゃんも緊張のスタートとなりました。

    この会の目的は「社会性を学ぶ」ということで、「音・人・物・犬」に慣れるため、トレーナーさんのアドバイスのもと色々なことに挑戦していただきました。

    ①音・・・生活音のCDを流しながら
    ②人・・・ワンちゃんの交換
    ③物・・・色々なマットの上を歩いて
    ④犬・・・他のワンちゃんとふれあう

    参加された方々には「楽しかった!参加してよかった」と仰っていただき、とても有意義な会となりました。

    オーナーさんもワンちゃんとの接し方を直接トレーナーさんに聞くことができるとても良い機会なので、興味のある方は是非ご参加をお待ちしております。

    次回は3月7日(木)を予定しております。

    パピーパーティ開催します!2013/01/05

    64964_ext_03_0.jpg あけましておめでとうございます。
    今年も浦和病院をよろしくお願いいたします。

    さて、浦和病院では毎月第1・3木曜日にドッグトレーナー藤平先生による「しつけ相談会」をやっていますが、今年から病院・藤平コラボ第2弾として「パピーパーティ」を開催することになりました!パピーパーティのメリットとしては、この時期から病院に慣れることができること、犬同士の交流が社会化の形成に役立つこと、飼主さん同士の交流ができること、などがあります。

    毎月第1木曜日(2月から)
    12:30受付開始
    13:00開始
    14:00終了
    対象月齢:生後6ヶ月齢までのワンちゃん
    参加費用:2500円(コジマ会員様は2000円)

    完全予約制になりますので、興味のある方は病院スタッフにお尋ね下さい。
    皆さんのご参加をお待ちしています!

    年末のご挨拶2012/12/31

    2012年、浦和病院をご利用くださり、またホームページを見ていただき、まことにありがとうございました。

    4月21日にコジマ動物病院「第8の病院」として誕生した浦和病院も、早いもので8ヶ月が経ちました。当初は薬が足りなかったり他の病院から助っ人に来てもらったりと、バタバタしながらも少しずつ病院としての「カタチ」が見えてきました。

    2013年はその「カタチ」をもっと磨き上げ、動物だけでなくオーナーの方々にとっても良い病院と言っていただけるようにスタッフ一丸となって努力していきますので、今後ともよろしくお願いします。

    来年はホームページの更新をもう少しマメに行うようにします(笑)

    フィラリア・ノミ予防はいつまでやるの?2012/11/12

    季節は巡り、徐々に朝晩は冷え込んでくるようになりました。

    毎月一度予防をしているフィラリアやノミの予防時期も終盤にさしかかってきました。

    ただ、ここで油断してしまうと、せっかく今まで頑張ってお薬をあげていたのにフィラリアやノミに感染してしまう危険性があります!

    フィラリア予防は、毎月下旬にお薬を使っていたら11月まで、毎月上旬にお薬を使っていたら12月までが予防時期になります。来年は5月頃から予防をスタートしてください。

    ノミ予防は気温が13℃を下回るまでが基本的な予防シーズンになりますので、大体フィラリアと同じくらいの時期までになりますが、野良猫が多い所に散歩に行かれるワンちゃんは冬場も感染してしまう危険性がありますので、ご注意下さい。

    しつけ相談会が増えます!2012/10/25

    毎月第3木曜日に開催していたしつけ相談会ですが、毎回ご好評をいただきすぐに予約がいっぱいになってしまうため、12月から追加開催することになりました。

    11月まで・・・第3木曜日
    12月から・・・第1、第3木曜日

    です。よろしくお願いします。

    出勤日に変更があります2012/09/07

    9月20日(木曜)と9月28日(金曜)は院長不在になります。

    ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願いします。

    しつけ相談会レポート2012/08/17

    昨日浦和病院にて「しつけ相談会」を実施しました。

    参加者の皆さんは普段から気になっていることを積極的に相談されていました。アンケートに書いていただいた感想をご紹介します。

    「色々聞けてよかったです。楽しかったです。面白かったです」

    「その時その時の相談ができて良い。また他の悩みができた時に相談したい。良い子だと言われて嬉しかった。」

    「相談したいことがたくさんあった中、1つ1つ丁寧に答えて下さって大変勉強になりました。犬を初めて飼い、わからないことだらけで育ててきましたが、自分の飼い方が間違っていることが多く、犬の方がどうやらリーダーになっていたようです。これから今日教えて頂いたことを実行してみて、犬と楽しい毎日をおくっていけたらいいなと思います。ありがとうございました。」

    皆さんに満足していただくことができ、我々も嬉しいです。

    これから毎月開催していくので、興味をもたれた方はお気軽にお問い合わせ下さい。

    院内セミナー2012/08/11

    51564_ext_03_0.jpg 先日、しつけ課の藤平さんを講師に招いて院内セミナーを行いました。
    スタッフにも「犬の行動学」を学んでもらうための企画で、今回の内容は「犬の本能と習性、喜怒哀楽、犬のライフスタイル」でした。みんな真剣にメモを取り、セミナー後も活発な質疑応答が行われていました。

    このように、スタッフも日々新しい情報を学びながら仕事にいそしんでいますので、何かお悩みのことがありましたらお気軽にご相談下さい。

    また、前回もお知らせしましたが、「しつけ相談会」を今月より始めますので、日にちと時間が合う方はドシドシお申し込み下さい!!!

    しつけ相談会、やります!2012/08/05

    51261_ext_03_0.jpg かみぐせ・ほえぐせ・トイレトレーニング・お散歩など、日頃の生活でお困りのことはありませんか?コジマのしつけ課ドッグトレーナー、藤平奈大之がみなさんのしつけに関するお悩みにお答えします!

    浦和病院の新企画として、「しつけ相談会」を開催します。
    8月16日(木)よりスタート、毎月第三木曜日開催
    完全予約制 1回60分(電話または病院窓口で受付いたします)
    午前の部 ①10:00-11:00 ②11:00-12:00
    午後の部 ③15:00-16:00 ④16:00-17:00
         ⑤17:00-18:00 ⑥18:00-19:00
    料金 1回2000円(税込み)
    コジマで契約されたワンちゃん、またはコジマ動物病院の患者さんは500円割引となります。

    注!しつけ相談会は「しつけ教室」ではないので、レッスンは行いません。

    皆様のご参加をお待ちしてます。

    お知らせ・・・獣医の出勤について2012/08/02

    51023_ext_03_0.jpg 大川獣医は産休のため、不在となります。
    今後の復帰の予定は未定です。

    ご迷惑をおかけしますが、ご了承いただきますようお願いいたします。

    内視鏡2012/07/20

    50091_ext_03_0.jpg 浦和病院では内視鏡による異物の除去を行っています。

    異物を誤飲してしまった場合、次の4種類の方法のどれかを選択します。

    ①吐かせる・・・お薬を使って強制的に吐かせます。
    ②便と一緒に出るまで待つ。
    ③開腹手術
    ④内視鏡

    吐くこともできず、便と一緒に出ることもできない形や大きさの異物は、そのままにしておくと嘔吐などの症状を引き起こし、胃腸に大きなダメージを与えることがあります。このような異物を摘出するためには「開腹手術」か「内視鏡」のどちらかを行わなければなりません(どちらも全身麻酔が必要になります)。もちろん内視鏡は万能の機械ではないので、全ての異物が摘出できるわけではありませんが、開腹手術に比べると動物の体にかかる負担ははるかに軽くてすみます。胃腸障害がなければ、翌日には退院できます。

    誤飲は「させないことが一番大事」ですが、もし異物の誤飲がありましたらできるだけ早くご連絡下さい。

    「定期駆虫」をしてみましょう2012/06/25

    虫の卵は、お散歩中のペットの足にくっついたり、他のペットのおしりをかぐことでお口についたりします。それをペロペロ舐めると、卵を飲み込み、寄生虫に感染します。
    ペットとキスをしたり、一緒の布団で寝たり、自分のお皿からご飯をあげたり・・と、密なスキンシップをとっている方は多いのではないでしょうか?
    ペットの体についた虫の卵は、ペットだけではなく、私たち人間の体にも簡単に入ってしまう可能性があるのです。
    「定期駆虫」とは、定期的なおなかの虫の駆除により、ペットを寄生虫の病気から守ること、また、そのことで、私たち人間も寄生虫感染の危険から守ることを言います。
    うんちの検査で虫の卵が見つからなかったから大丈夫!!・・・ではありません。うんちの検査でわからなくても、しっかり寄生虫に感染していることも少なくないのです。
    現在、お薬を飲むだけで、この定期駆虫が簡単にできます。
    お薬の副作用はないのか、、、どのくらいのペースで駆虫をしたらいいのか、、、散歩に行かないネコちゃんにもやった方がいいのか、、、わからないことがたくさんあると思います。
    お気軽に病院にご相談に来てくださいね。

    全身麻酔について2012/06/15

    浦和病院では毎日のように避妊手術や去勢手術を行っています。つまり毎日のように「全身麻酔」をかけています。今日は全身麻酔についてお話したいと思います。

    全身麻酔をかけるということは、意識をなくさせ痛みを感じなくなる状態にするということです。これは動物の体にとって、とても大きな変化を起こさせることなのです。病気で全身状態が弱っている子だけでなく、健康な子でも非常に低い確率ではありますが麻酔をかけることで具合が悪くなることがあります。

    当院では、全身麻酔をかける前には術前検査として「血液検査」と「胸部レントゲン検査」を行います。「血液検査」では麻酔薬を代謝・排泄する臓器である肝臓や腎臓に異常がないか、病的な貧血や脱水がないか、などを調べます。「胸部レントゲン検査」では主に心臓と肺に異常がないかを調べます。ここで異常が出ると、麻酔リスクが高くなることが予想されますので、その日は手術中止になります。そして、異常を治療してから再度手術を行うようになります。

    避妊・去勢手術はよく「簡単な手術」だといわれます。確かに手術時間は短いし技術的に難しいことはあまりありません。しかし全身麻酔をかけることは決して簡単なことではありません。我々は日々緊張し、細心の注意を払って手術を行っています。オーナーの皆様も、手術や麻酔に関して不安なことや気になることがあったら遠慮なくご質問下さい。

    ノミについて2012/06/09

    みなさま、ノミの予防はされていますか?

    ノミは昔から世界中にいて、「蚤の市(パリが有名ですよね)」のように様々な言葉になり我々の生活に入り込んでいます。

    ちなみに、語源は人間の血を飲むので「飲み」から来ているという説もあります。日本でも「ノミの心臓(臆病な人の例え)」や「ノミの夫婦(夫より妻の方が背が高い夫婦のこと。実際ノミはメスの方が大きい)」など慣用句にも出てきます。また、松尾芭蕉や小林一茶もノミが出てくる俳句を詠んでいます。そのくらいポピュラーな存在でありながら、ノミがもたらす害は「かゆみ」だけだと思われている方も多いようです。「ノミアレルギー性皮膚炎」や「瓜実条虫症」など様々な病気を引き起こしてしまうので、実はとても恐ろしい寄生虫なのです。

    ノミはその繁殖力から、1匹見つけたらそこには95匹潜んでいるといわれています。またノミのメスは寄生すると1~2日で産卵し、その数はなんと1日に20~50個にもなります。また、気温が13℃以上あるとその活動が活発になるため、暖かい室内では冬の間も繁殖を繰り返してしまう危険性があるのです!

    猫のフィラリア症について2012/06/05

    フィラリアは犬だけの病気ではありません!猫にも感染する寄生虫なのです。しかも感染した猫の約4割は室内飼育だったというデータもあります。
    また、猫に感染してしまった場合は「検査や治療が難しい」といわれています。
    そこで重要になるのが「予防」です。スポットタイプのお薬がありますので、ご希望の方はスタッフまでお気軽にお問い合わせ下さい。

    「アニマルドック」してみませんか?2012/06/05

    コジマ独自の健康診断パックが「アニマルドック」です(人間ドックにかけてます)。詳細はコジマ動物病院ホームページをご参照下さい。

    ここでは「アニマルドック」をすることのメリットをご説明します。

    まず、専用の結果用紙をお渡しするので記念になります(実際、喜ばれるオーナー様は多いです)。また、継続して何回も受けることで、ワンちゃんネコちゃんの体重や血液検査の結果の推移がわかります。これはとても重要です。なぜなら、たとえ血液検査の結果が基準値内にあったとしても、今までの数値よりも明らかに変化していた場合、それは病気の兆候である可能性が考えられるからです。これにより病気の早期発見・早期治療ができれば、愛するワンちゃんネコちゃんの苦しみを少しでも減らすことができるのです。

    フィラリア予防はされていますか?2012/06/01

    毎年5月頃から11月下旬または12月上旬までがフィラリア予防の時期になります。

    毎月1回、飲み薬(食べやすいクッキータイプのお薬があります)かスポットタイプ(首筋につけるお薬)を使うことでフィラリア感染を予防できますので、忘れずにやってあげましょう。

    もし去年の予防を忘れていたら、血液を調べてフィラリアに感染していないかを調べてあげましょう。

    少し難しいお話になりますが、フィラリアのお薬は「予防薬」ではなく、「駆虫薬(虫下し)」になります。1ヶ月の間に蚊に刺されたときに体内に入ってくる(可能性のある)フィラリアの幼虫を駆除するためのお薬なのです。そのため、蚊が活動している期間中は毎月忘れずに予防しなければなりません。1ヶ月予防を忘れてしまうと、その間に体内で幼虫が育ってしまいお薬が効かなくなってしまう危険性があります(薬が有効なのは幼虫の一時期に限られます)。

    埼玉エリアは蚊の活動期間が5月上旬から11月上旬といわれていますので、そこから半月~1ヶ月後までお薬を使う必要があるのです。

    banner_medical.png
    banner_vetsletter.png
    faq.png