動物病院トップ > 動物病院一覧 > コジマ亀戸動物病院

コジマ亀戸動物病院

icon_animal_2.png icon_animal_1.png icon_animal_title.png
※犬猫以外は来院前に必ずご連絡ください。動物種によって最適な診療が行えるよう他院をご紹介させて頂く場合がございます。
hospital_line.jpg
hospital_ad.png
東京都江東区亀戸3-60-22(コジマ本社ビル1F[受付け]/ペットの専門店コジマ亀戸店隣) hospital_map.png
hospital_tel.png
03-3685-0200

hospital_time_txt.png
 
10:00~11:45 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
14:00~18:45 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
※毎月最終週の火曜日は午前診療のみとなります。
hospital_parking_txt.png
なし。
txt_parking_about.jpg
近隣の有料駐車場をご利用ください。

謹賀新年2017/01/02

新年明けましておめでとうございます

皆さまの家族の一員であるワンちゃん、ネコちゃんを中心とするコンパニオンアニマル達が健康で幸せな日々を送れるよう、信頼される獣医医療提供のため、獣医師、看護師一丸となり2017年も励んでまいります。今年もよろしくお願い致します。

猫ちゃん専用待合スペース2016/12/26

猫ちゃんは、犬ちゃんと比べると
普段と異なる場所、匂い、物音に対して
大変敏感でストレスがかかりやすいため、
当院では1階の待合室に、猫ちゃん専用の待合スペースを設けています。
ご理解、ご協力お願いいたします。

岸本獣医師 日曜日不在になります2016/12/24

2017年1月より岸本獣医は毎週日曜日コジマ足立病院
での外来診察になります

獣医師 渡邉 退職のおしらせ2016/12/06

渡邉獣医師が2017年1月で退職となります。

最終診察日は12月24日 土曜日です。
継続治療中の患者様につきましては獣医師の引き継ぎを行っておりますので、安心してご来院いただきますようお願い申し上げます。

口腔内のケア2016/11/29

犬ちゃん、猫ちゃんのお口のケアはできていますか?
3歳以上の犬ちゃん、猫ちゃんの8割近くが歯周病と言われています。

歯周病は見えないところで病気が進行していきます。
歯肉の腫れや炎症による痛みでごはんが食べにくくなったり、
あごの骨が溶けて、歯がぐらついて抜けることもあります。
また、心臓や腎臓など内臓の病気を起こしたり、悪化させる可能性もあります。

このような歯周病を防ぐためには日々のケアがとても重要です。
歯みがきやデンタルガムで歯垢の付着を抑え、歯周病を予防しましょう。
もう歯石が付いてしまっている場合は、全身麻酔をかけて歯石除去(スケーリング)を行う必要があるので、まずは獣医師にご相談ください。



※12月1日より「クールデント」という犬ちゃんのブレスケア用のサプリメントのキャンペーンを行っております。
期間内にコジマ動物病院で歯科健診、スケーリングなどの歯科治療をした方、デンタル製品をご購入の方に特別に半額クーポンを差し上げております。

この機会に、犬ちゃんのお口のケアを始めてみませんか。

アニマルドックをおすすめしています2016/10/29

季節の変わり目の急激な気温の変化で体調を崩していませんか?

犬ちゃん、猫ちゃんは体の内部で異常が起こっていても、言葉を発することが出来ません。
私たち人間の倍以上のスピードで歳をとる犬ちゃん猫ちゃんは、
もともと辛いのを隠したり痛みを我慢してしまう動物です。
飼い主様が気付かないうちに病状が進行しているケースもあるので、
一度アニマルドックを行い、犬ちゃん、猫ちゃんの状態をチェックしましょう。

また、健康なときの結果がひとつの指標にもなるので、
健康維持と病気の早期発見のためにも、定期的な健康診断をおすすめしています。

血液検査の含まれるBコース以上のコースは予約制となります。
お電話でも受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。
コース・追加オプションについては、獣医師にご相談ください。

平日と土日祝日で料金が異なります。
平日の方が、比較的に予約が取りやすくなっております。

胆嚢の病気2014/12/01

犬ちゃんの胆嚢疾患

近年犬ちゃんの胆嚢疾患が増加しています。原因はいくつかありますが、品種的に高脂血症になりやすい、シェルティーやM・シュナウザーは特に注意です。胆嚢の病気は程度が進行しない限り特異的な症状はなく、飼主様にとってもわかりずらい病気です。

胆嚢の評価は超音波検査で可能です、麻酔などの処置の必要としないので犬ちゃんにとっても負担はありません。中高齢の犬ちゃんはぜひアニマルドックを受け
同時に腹部の超音波検査も実施しましょう。

banner_medical.png
banner_vetsletter.png
faq.png