動物病院トップ > 動物病院一覧 > コジマ橋本動物病院

コジマ橋本動物病院

icon_animal_2.png icon_animal_1.png icon_animal_title.png
※犬猫以外は来院前に必ずご連絡ください。動物種によって最適な診療が行えるよう他院をご紹介させて頂く場合がございます。
hospital_line.jpg
hospital_ad.png
神奈川県相模原市緑区大山町1-22 アリオ橋本内(ペットの専門店コジマ橋本店1F) hospital_map.png
hospital_tel.png
042-775-6922

hospital_time_txt.png
 
10:00~12:15 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
15:00~18:45 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
hospital_parking_txt.png
あり。アリオ橋本内駐車場
txt_parking_about.jpg
一番近い駐車場は平面駐車場Dになります。

  • 2016年06月( )
  • ★肛門腺絞り★~おうちでできるお手入れ②~
  • 2016年05月( )
  • ★耳そうじ★~おうちでできるお手入れシリーズ①~
  • 2016年03月( )
  • ≪狂犬病予防接種について≫
    ✡冬のノミ・マダニ予防✡
  • 2016年01月( )
  • ✡ワンちゃんの雪遊び✡
  • 2015年12月( )
  • ☆来年も!フィラリアの予防注射を始めます☆
  • 2015年11月( )
  • ❀ワンちゃん・ネコちゃんの肥満度❀
  • 2015年10月( )
  • ☆診察までお預かりできます(混雑時)☆
    もしも災害が起こったら ~日頃からの心がけ~
    もしも災害が起こったら ~ペットの為に準備できるもの~
  • 2015年08月( )
  • お薬を飲むのが苦手なワンちゃん・ネコちゃんに♪
  • 2015年03月( )
  • *混雑時を避けてフィラリア・ノミ予防&狂犬病予防接種をおすすめします*
  • 2015年01月( )
  • ワンちゃんの新しいフィラリア予防☆ミ
  • 2014年09月( )
  • ≪季節の変わり目は・・・≫
  • 2014年04月( )
  • ❀ペット保険にご加入の方へ❀
  • 2014年03月( )
  • ※消費税について※
    ※フィラリア検査をおすすめします※
  • 2013年12月( )
  • ✪デンタルケア・フォローキャンペーン✪
  • 2013年10月( )
  • ❉風邪に注意❉
  • 2013年08月( )
  • お出かけ後は体調CHECKしてあげましょう!
  • 2013年07月( )
  • ◆注意①◆夏バテのワンちゃん増えてます!
  • 2013年06月( )
  • ♪歯ブラシにチャレンジしてみましょう♪
  • 2013年05月( )
  • ✪デンタルケア 新商品のご案内✪その2
    ✪デンタルケア 新商品のご案内✪
  • 2013年04月( )
  • ☆ワンちゃんのしつけに困ったら・・☆
    ☆ワンちゃんのデンタルケアキャンペーン☆
  • 2013年03月( )
  • ☆狂犬病予防接種について☆
    ✿暖かくなったら、ノミ・マダニ本格予防!!✿
    最近多い疾患✪その4✪骨折
  • 2013年02月( )
  • ◆マダニに注意しましょう◆
  • 2013年01月( )
  • ✵冬のペットたち・・・ 暖めすぎも注意です✵
  • 2012年12月( )
  • ✱体脂肪率、測ったことありますか?✱
  • 2012年11月( )
  • ✩シャンプーのご案内✩
  • 2012年10月( )
  • 最近多い疾患✪その3✪誤飲
    最近多い疾患✪その2✪下痢
    最近多い疾患✪その1✪しっしん
  • 2012年09月( )
  • ✿オシッコ検査でわかること✿
    ✱スケーリング(歯石除去)について✱
  • 2012年08月( )
  • ※飼い主様からのご意見※
    ☆オーラルケア☆~その③~
    ☆オーラルケア☆~その②~
  • 2012年07月( )
  • ✩人気のオーラルケアをご紹介します✩
    ☆乗り物酔いするワンちゃんに朗報!☆
  • 2012年06月( )
  • ✽熱中症に気をつけて✽
    ☆定期駆虫について☆
    ☆フィラリア予防について☆
    ☆ノミ・マダニ予防☆
    ☆アニマルドック(健康診断)のご案内☆

    ★肛門腺絞り★~おうちでできるお手入れ②~2016/06/13

    今回は、ワンちゃんでは良く耳にする『肛門腺の絞りかた』についてご案内します!

    《肛門腺って何?》
    ワンちゃん・猫ちゃんのおしりには肛門膿という臭い分泌物がたまる臭腺があり、これを肛門腺といいます。
    肛門の左右斜め下あたりにその分泌物が出る穴があります。
    便と一緒に自然と肛門膿を排出できる子もいますが、飼主さんが絞ってあげないと出てこない子もいます。
    大型犬よりも小型犬の方が自力で排出できない子が多いと言われています。

    《絞らないとどうなるの?》
    肛門腺は袋状になっていて、自然に出せない子は肛門膿がたまりすぎて袋が破裂してしまいます。
    破裂してしまうと消毒のために病院へ何度も通わなくてはいけません。
    その子によって違いがありますが、1ヶ月に1回くらいの頻度で絞ってあげましょう。
    肛門膿がたまってくるとおしりを引きずって歩いたり、気にして頻繁になめることがあります。
    そのようなサインが出たら肛門腺絞りをしてあげましょう!

    《肛門腺の絞り方》
    肛門を時計の中心に見立てると、肛門腺の穴は4時と8時の場所にあります。(肛門のななめ右下と、ななめ左下)
    尻尾を軽く持ち上げてそのあたりを触ってみると、肛門膿が溜まっている子はぷっくりと膨らんでいることがあります。
    (太ってる子や体格によって分からない場合もあります)
    その部分を下から上へ持ち上げて搾り出すようにすると溜まった肛門膿がでてきます。
    性状は茶色・黒・グレーなどでサラサラだったり粘液だったり、粘土のように固形で出てくることもあります。
    絞るときに肛門膿が勢いよく飛び出ることがあります。
    とても臭いのでティッシュペーパーをかぶせて絞るなどの飛び散らないための工夫が必要です。
    シャンプー前にお風呂場で絞ればそのまま流せるのでおすすめです。
    おしりや尻尾を触られると嫌がる子もいるので、無理をせずに行いましょう!

    《おうちでできない時は》
    やりかたは少しコツがあるのでおうちで絞るのが難しい場合は病院やトリミングで行いましょう。
    病院スタッフがやり方を教えることもできますのでお声がけ下さいね。

    猫ちゃんにも肛門腺はありますが、破裂してしまう子はまれなので自然排泄できる子が多いのかもしれません。
    一度肛門腺が破裂してしまった子や、お尻をひきずったりする様子がある猫ちゃんは定期的に肛門腺絞りをしてあげましょう!

    ※抑えられないほど興奮している猫ちゃんは処置ができない場合がありますのでご了承ください。

    ★耳そうじ★~おうちでできるお手入れシリーズ①~2016/05/07

    初めてワンちゃんやネコちゃんを飼う方や、いつもトリミングでお手入れを行っている方。
    お家でお手入れをしてみたいけどやり方が分からないという方も多いかもしれません。

    もしもお家でお手入れができれば、スキンシップの一環にもなり体をチェックすることでペットの変化にいち早く気付くことができるのでおすすめです。

    ただし怒ってしまう子もいるので、無理に行うのはやめましょう。
    嫌がらずできそうであればぜひチャレンジしてみてください。

    お家でできるお手入れにはどんなことがあるのか、少しずつ方法などを紹介していきたいと思います。
    今回は『お耳のケアについて』です。

    おうちでワンちゃん・ネコちゃんのお耳掃除できていますか?
    耳を触っても怒らない子はぜひお手入れにチャレンジしてみましょう!

    ★お耳が汚れやすいのはこんな子★
    猫:アメリカンカール・スコティッシュフォールドなど耳の形状に特徴がある子
    犬:ミニチュアダックスフンド・パグ・・などの垂耳の子

    ○耳掃除のやり方
     まずはお耳の中をチェックしてみましょう。
     ワンちゃんの中には耳の中の毛が伸びてしまう犬種があります。
     耳の中に毛がたくさん生えている状態ではお掃除もしにくく、むれて外耳炎などにもなりやすいです。
     まずは耳の中の毛を抜いてからお掃除しましょう!

     耳の中が汚れていたらペット用の耳洗浄液をお化粧用コットンなどに少し取り、指の届く範囲で優しくふき取ってあげましょう。

     奥の汚れが気になる時は洗浄液を直接耳に入れて、耳の根本をもみこむようにマッサージします。
     ワンちゃんやネコちゃんは耳の中に液体が入ると、それを出そうと頭をブルブルっと振ります。
     そのときに洗浄液と一緒に奥の汚れも出てくるので、ふき取ってあげましょう。
       ◆頭を振ると洗浄液がまわりに飛び散るので、お風呂場やお庭などで行うと汚れが比較的気にならないのでおすすめです。
       または洗浄液を入れた後にコットンでふたをしながらマッサージを行っても良いでしょう。

     おとなしい子には綿棒を使っても良いですが耳垢を奥に押し込めてしまったり、暴れたときに危ないので無理せずに様子を見ながら使用しましょう。

     ※乾いたコットンや綿棒でごしごし拭いてしまうと刺激になってしまい、炎症の原因になります。
     洗浄液でしめらせてから使うようにしましょう。

     
    ○頻度
     1~2週間に1度くらいの頻度で大丈夫ですが、個体差があるので汚れやすい子はこまめに、あまり汚れない子は数ヶ月に1回でも大丈夫です。
     その子に合った間隔でお手入れしてあげることが大切です。
     

    お耳の構造や、個体差によっても耳の汚れ具合は異なります。
    垂耳でも、全然お掃除していなくてもいつもきれいな子もいます。
    まずはうちの子のお耳がどうなっているのかチェックしてあげましょう!

    ※普段から顔周りやおなか、手先などを触って慣らしておくと色々なお手入れのときなどに嫌がらずにさせてくれることが多いです。
    仔犬や仔猫はスキンシップから始めてみましょう!
    嫌がって不安なときは動物病院やトリミングで相談してみましょう!

    ≪狂犬病予防接種について≫2016/03/03

    平成28年度分の狂犬病予防接種が3月2日より始まりました。

    春より混雑が見込まれますので早めの接種がおすすめです。
    同時にフィラリア症の検査・予防薬の早め購入をしておくと、改めて来院して頂く必要がなくなり、便利です。


    平日は土日祝日と比べると空いていることが多いので、可能な方は平日にご来院いただくことをおすすめ致します。



    ★注意事項★

    *混合ワクチンと同じで、アレルギーが起きる可能性があります。
    *接種は午前中か午後早めがおすすめです。(コジマ橋本動物病院の午後の診療時間は15時からです)
    *接種後は安静にしてよく様子を見てあげてください。(接種前もシャンプーや激しい運動は避けましょう)
    *混合ワクチン・フィラリア予防接種と同時に接種はできません。



    ❀ご不明な点がありましたらコジマ橋本動物病院へご連絡下さい❀

    ✡冬のノミ・マダニ予防✡2016/03/02

    ✡冬のノミ・マダニ予防✡
    ノミ・マダニ予防は暖かい時期だけやっていれば安心!と思っていませんか?
    ノミ・マダニは気温13℃以上で活発に活動すると言われていますが、真冬でもいなくなるわけではありません。

    特に注意が必要なのはこんなタイプ!
    ●お散歩中、草むらや茂みに入ってしまう子
    ●野良猫さんの多い地域をお散歩する子
    ●山など自然豊富な場所をお散歩する子

    一度ノミがついてしまうと温かで快適なお部屋の中で繁殖を繰り返し、冬なのにおうちの中でノミが大繁殖してしまうケースがあります。
    冬はノミ・マダニ予防をお休みしているワンちゃん・猫ちゃんはブラッシングなどのタイミングでノミやマダニの寄生がないかどうかチェックしてあげましょう!
    毛を逆立てるように撫でた時に、黒い小さな粒が見えたら、それはノミの糞かもしれません。
    もし黒い粒を見つけたら、濡れたティッシュの上に置いてみましょう。
    もしもノミの糞であれば赤茶色っぽく溶けると思います。(ノミは吸血するので糞が血の色をしています)
    ノミの糞を見つけたら、速やかにノミ駆除剤を使用しましょう。

    また、マダニは皮膚が薄い部分・柔らかい部分に寄生することが多いようです。
    普段あまり見ないような指と指の間、耳の後ろや付け根などもチェックしてみましょう。
    茂みや山など、不安になる場所に行ったときは特に注意してあげましょう!

    頻繁に草むらや茂みなどに接触する機会がある子は年間通してノミ・マダニ予防をすることが大切です。
    冬に予防をお休みする子は、日々のチェックとともに暖かくなってきたら早めの予防スタートをおすすめします。

    ✡ワンちゃんの雪遊び✡2016/01/23

    この冬初めての雪にはしゃいでいるワンちゃんが多いのではないでしょうか?

    雪遊びの時、ワンちゃんのことで注意してほしいことがいくつかあります。
    ①寒すぎ注意!
    お外で飼っているワンちゃんも、雪が積るほど寒い時はおうちに入れてあげて下さい。
    雪が降っていなくても、外飼いのワンちゃんはまずは寒がっていないか、見てあげましょう!丸まって震えているようなら暖かい場所への移動がおすすめです。あまり寒がっていないようでも小屋を暖かくするなどの工夫をしてあげましょう。(子犬や高齢犬、体調不良のワンちゃんはおうちで過ごしましょう)
    ②しもやけに注意!
    雪が大好きなワンちゃんも、長時間冷たい雪の上で遊んでいると肉球などにしもやけができてしまうことがあります。
    靴下や靴を履いてくれるワンちゃんでしたらはかせてあげましょう。
    お家に戻ってきたら暖かい(熱すぎない温度の)お湯でやさしく洗って、きちんと乾かしてあげましょう!
    ③はしゃぎすぎ注意!
    珍しい雪に大興奮してしまうワンちゃんが(飼主さんも?)いると思います。
    ノーリードで走り回らせたり、普段行かないような場所で遊ばせるのは危険です。
    雪がつもって、道の境界線や段差等が分かりにくくなっていることがあります。
    怪我をしないように十分注意しましょう!
    ④身体の冷えに注意!
    ワンちゃん自身が興奮してしまって寒がっていなくても、長時間雪遊びをしてしまうと体が冷え切ってしまうこともあります。体が冷えたことによって風邪をひいてしまったり、おなかをこわしてしまうのはワンちゃんも人間も同じです。
    寒い外から帰ったら、身体についた雪をしっかりとって、毛が濡れていたらしっかり乾かして、あたたかく過ごさせてあげましょう。

    怪我や風邪などに注意して、雪遊びを楽しんで下さいね!

    ☆来年も!フィラリアの予防注射を始めます☆2015/12/28

    今年の2~3月の間、期間限定でワンちゃんのフィラリア予防接種を行いました。
    大変ご好評いただきましたので、来年は1~3月くらいの間に期間限定でフィラリア予防接種を行います。

    1回の注射で12ヶ月分の予防効果があります。
    毎月予防薬をあげるのが大変だと感じている飼い主様や、予防薬を飲ませるのが難しいワンちゃんにオススメです。

    ○○○○○○○○注射可能なワンちゃんは○○○○○○○○
    ☆1歳以上10歳未満の子
    ☆元気・食欲が良好で基礎疾患がない子
    ☆過去にワクチンアレルギー経歴がない子
    ☆コリー系統(ボーダーコリー・○○シープドッグ)でない子
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

    ✪注意事項✪
    ・混合ワクチンや狂犬病ワクチンと同時接種できません。
    ・来院時に強い興奮状態にあると接種できない場合があります。
    ・接種前にはフィラリアの検査が必要です。
    ・午前中または午後早めの時間帯に接種をおすすめいたします。

    注射によるフィラリア予防にはメリット・デメリットがあります。
    くわしくは病院スタッフまでお声かけください。

    ❀ワンちゃん・ネコちゃんの肥満度❀2015/11/20

    「うちのペットが太っているのか、やせているのか・・よく分からない!」
    という声を聞くことがあります。

    標準体型を知ることでペットの肥満度を把握し、健康へとつなげましょう!

    ボディコンディションスコア(BCS)とはワンちゃん・ネコちゃんの体型を5段階で評価できる指標です。
    体重だけで太っているかどうかを判断することはできません。
    3㎏のチワワでも太っている子とやせている子がいます。
    ボディコンディションスコアでは脂肪の付き具合、体型、骨格を見て総合的に判断します。
    おうちのペットの身体をよく見て、触って、チェックしてみましょう!

    ●ボディコンディションスコア 1●
    =やせすぎ=
    触ると簡単に肋骨や腰骨が分かる。はっきりと骨が浮き出ている。ウエストが非常に細い。脂肪が触っても分からない。

    ●ボディコンディションスコア 2●
    =やせぎみ=
    なでると骨格が分かる。肋骨が少し浮き出ている。上や横から見るとウエストが細い。

    ●ボディコンディションスコア 3●
    =理想体型=
    肋骨が薄い皮下脂肪で覆われていて、なでると骨の上に脂肪がついているのがわかる。上から見た腰のくびれはゆるやか。横から見たウエストがゆるやかに細くなっている。

    ●ボディコンディションスコア 4●
    =太りぎみ=
    厚い皮下脂肪で覆われ見た目では肋骨がわからない。上から見ると、かろうじてくびれがあり、横から見たウエストは引き締まっていない。

    ●ボディコンディションスコア 5●
    =肥満=
    非常に厚い皮下脂肪で覆われ、見た目でも触っても肋骨がわからない。上から見て腰のくびれがなく寸胴。横からは腹が張り出し垂れ下がっている。

    もし分からない場合は病院で獣医師にチェックしてもらいましょう!
    定期的に体重を測定して変化に気付くことは病気の早期発見にもつながります。
    おなかを触ると怒る子もいるので、無理せず行ってくださいね★

    ☆診察までお預かりできます(混雑時)☆2015/10/30

    土日や祝日はいつもお待たせしてしまい申し訳ございません。
    混雑時はケージやキャリーバッグに入っているネコちゃん・ワンちゃんは、診察までの間お預かりが可能です。
    順番が近づき次第電話でご連絡させて頂きます。
    ご希望の方は受付へお声掛け下さい。
    ※来院状況などでお預かりができない場合もございますのでご了承下さい。

    もしも災害が起こったら ~日頃からの心がけ~2015/10/14

    災害に備えて準備しておくといいのはフードや薬などの『物』ばかりではありません。

    ≪基本的なしつけ≫
    まずは、同行避難(ペットと一緒に避難する事)ができるようにキャリーバッグやケージに入ることに慣れさせておくと良いでしょう。

    ワンちゃんは、『待て』『おすわり』『伏せ』『おいで』などの基本的なしつけを普段からして備えましょう。
    もしも避難所で生活することになったら・・と考えると、無駄吠えをなくしたり、トイレトレーニング(シーツの上でトイレができる)もとても重要です。

    猫ちゃんも、可能であれば色々な音を聞いたり飼主さん以外の人や他のペットとの接触に慣れておくと、いざという時に猫ちゃん自身のストレスが少なくてすむかもしれません。
    ただし、無理に外に連れ出したりするのはかえって危ないのでやめましょう。


    ≪健康管理≫
    ・ワクチン接種
    ワンちゃん・ネコちゃんは年に一度の混合ワクチンの予防接種を受けておきましょう。
    ワンちゃんはそれに追加して年に一度狂犬病予防接種も受けましょう。

    ・ノミ予防
    実際に避難所で、ノミ予防ができていないペットから人や他のペットにノミがうつってしまうという問題が起こったそうです。普段から寄生虫予防をすることはペット自身にとっても心地よく暮らす上で大切です。
    ノミだけでなくフィラリア・内部寄生虫まできちんと予防・駆除することがおすすめです。

    ≪身元表示≫
    もしもペットとはぐれてしまっても、身元が分かるものを身に着けていることでスムーズに再会できる可能性が高まります。
    まず最初に出来ることは、日常的に首輪をつけておくことです。
    ワンちゃんは首輪に鑑札と狂犬病予防注射済票も一緒につけましょう。
    また、首輪に名前や住所を書いた『迷子札』をつけている子も最近多いですね!
    マイクロチップを背中に埋め込んでいると、読み取る機械をわんちゃんにあてることで、保護されたときに飼主様の情報を読み込むことができます。
    災害時だけでなく、普段から迷子対策をしておきましょう。

    ≪避難場所の確認≫
    今住んでいる地域で指定されている避難場所はペットとの同行避難が可能なのか?
    注意事項はどんなものがあるのか?
    確認しておきましょう。
    また、緊急時に預かってくれる人や場所を探しておくことも重要です。
    近所や飼い主さん仲間だけでなく遠方の親戚などに相談しておくことも必要でしょう。
    その時、かかりつけの病院の連絡先も伝えておきましょう。

    災害はいつ起こるか分かりません。
    出来る限りの準備をしておくことがペットを守ることにつながると思います。

    もしも災害が起こったら ~ペットの為に準備できるもの~2015/10/03

    災害が起こった時、ペットを守る準備はできていますか?
    ペットのためにも日頃からの備えが必要です。

    ≪まずは人間の安全から≫
    飼主さんが無事でないと大切なペットを守ることはできません。
    まずは落ち着いて行動しましょう。
    また、家族の間で非難する場所・避難経路・連絡先などを確認し合いましょう。

    ❉ペットのために準備しておくもの❉
    ・キャリーバッグ
    ・首輪&リード
    ・普段のフード・水
    ・トイレ用品(ペットシーツ・猫砂)
    ・常備薬

    フードやシーツは数日分に分けて準備しておくとすぐに持ち出せて便利でしょう。
    アレルギーの子や、療法食を食べている子は多めに用意しておくと安心です。

    他にも、
    ・ペット用食器・・折り畳み式だとかさばらなくて便利です。
    ・新聞紙
    ・ワクチン証明書や病歴等が分かる記録・・一時的に預けることになった場合に渡しましょう。
    ・ペットと一緒に写った写真やマイクロチップナンバー・・迷子になってしまった時に役立ちます。
       また、ワンちゃんは『狂犬病予防法』で鑑札と注射済み票の装着が義務つけられています。ワンちゃんが迷子になり保護された時に鑑札が付いていれば飼主を特定することができます。
    ・便処理袋
    ・洗濯ネット(猫ちゃん用)・・いつもは穏やかな子でも、緊急時はおびえて暴れる場合があります。
    などがあると便利です。
    優先順位をつけて、優先度が高いものはすぐに持ち出せるように準備しておくと良いでしょう。

    お薬や療法食はすぐに手に入れられなくなる可能性があります。
    ずっと飲まなければならない心臓等の継続して使うお薬は、薬がなくなる少し前に余裕をもって受診サイクルを。
    (万が一のときに薬を持っていけるように)

    外で飼っているワンちゃんは、まず落下物の危険性がないかなどの飼育場所の安全が確保されているか確認してあげて下さい。
    驚いて逃げだすことがないようにリードや囲いの定期的なチェックも必要です。

    人間用の防災グッズも準備してない。。という方はまず、ご自身用から準備してくださいね!

    次回は❉日頃からの心がけ❉についてです。

    お薬を飲むのが苦手なワンちゃん・ネコちゃんに♪2015/08/23

    お薬を飲むのが苦手なワンちゃん・ネコちゃんに朗報!
    フレーバードゥとフレーバードゥソフトチューズが病院で取扱いをスタートしました★
    フレーバードゥはペースト状になっていて、必要量をスプーンですくい取り、お薬をくるんで与えられる犬猫用補助食品です。チキンやカツオ等を使いワンちゃんやネコちゃんの好きな味になっています。
    香りが強めでお薬に敏感な子も気付かず飲んでくれる子が多いようです。
    フレーバードゥソフトチューズは、粒状で扱いやすいタイプです。
    こちらはビーフ風味で、1粒をこねて薬をくるみます。
    1粒からバラ売りできますので、気になる方は味見してからご検討いただけます!

    ★投薬補助商品を使わずにお薬を飲ませる場合★
    ①ドライフードを少量お湯でふやかして、お団子のようにし、中に薬を包み込み食べさせましょう。
    ②錠剤タイプの薬の場合はそのまま飲ませる方法もあります。錠剤を舌の奥に置いて口を閉じさせ、ペットの顔を上に向け、のどをさすります。舌をペロッと出したら飲み込んだ合図です。薬を飲ませた後はフードかお水を与えましょう。

    ①②のやり方でうまくいかない場合はフレーバードゥなどをご利用になると楽にお薬が飲ませられるかもしれません。
    投薬でお困りの場合は、まず受付や獣医師へお気軽にご相談下さい♪

    *混雑時を避けてフィラリア・ノミ予防&狂犬病予防接種をおすすめします*2015/03/09

    最近寒い日と暖かい日の気温差が激しくなっておりますが、飼主様やペットの皆さん、体調を崩していないでしょうか?
    特に子犬・子猫はまだまだ暖かく過ごさせてあげてくださいね。

    4月になるとフィラリア予防、ノミ・マダニ予防、狂犬病予防接種で病院は大変混み合います。
    特に土日は毎年お待たせしてしまい申し訳ございません。
    3月の間にフィラリア検査を行い、フィラリアのお薬をまとめて購入することで春の長時間の待ち時間を回避することができます。
    狂犬病予防接種も3月2日以降から平成27年度分となりますので4月前に接種可能です。

    特に3月の平日は今のところ待ち時間が短い傾向にあります。
    お早めのご来院をお勧めいたします。

    ワンちゃんの新しいフィラリア予防☆ミ2015/01/10

    ワンちゃんのフィラリア予防が年に1度の予防接種でできるようになりました!
    1回の注射で12ヶ月分の予防効果があります。
    毎月予防薬をあげるのが大変だと感じている飼い主様や、予防薬を飲ませるのが難しいワンちゃんにオススメです。

    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
      橋本病院では2月~3月の2か月間、期間限定の予約制です。
    ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

    ご希望の方は受付またはお電話でお問い合わせ下さい。

    ○○○○○○○○注射可能なワンちゃんは○○○○○○○○
    ☆1歳以上10歳未満の子
    ☆元気・食欲が良好で基礎疾患がない子
    ☆過去にワクチンアレルギー経歴がない子
    ☆コリー系統(ボーダーコリー・○○シープドッグ)でない子
    ○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○

    ✪注意事項✪
    ・混合ワクチンや狂犬病ワクチンと同時接種できません。
    ・来院時に強い興奮状態にあると接種できない場合があります。
    ・接種前にはフィラリアの検査が必要です。

    注射によるフィラリア予防にはメリット・デメリットがあります。
    くわしくは病院スタッフまでお声かけください。

    ≪季節の変わり目は・・・≫2014/09/24

    最近すっかり秋めいてきましたね。
    季節の変わり目はペットたちが体調を崩しやすいので注意が必要です。

    ○風邪に注意○
    朝・晩がだいぶ涼しくなってきました。
    急な温度変化によって風邪をひかないようにペットヒーターなどで暖かい場所を用意してあげましょう。
    子犬・子猫や高齢の子は長引いたり悪化すると怖いので特に気を付けてあげましょう。

    ○軟便・下痢に注意○
    お腹が冷えることで軟便や下痢になってしまう場合があります。
    元気な成犬・成猫でも軟便が続くようなら診察がおすすめです。
    便をお持ちいただくと糞便検査ができます。

    寒さ対策でペットヒーターを使う時は、全面暖かくせずにペットが選べるようにしてあげましょう。

    飼主のみなさまも体調崩さないように気を付けてくださいね❉

    ❀ペット保険にご加入の方へ❀2014/04/26

    ~・~ペット保険にご加入の方へ~・~

    受付時に、診察券と同時に保険証券(または加入証)の提出をお願い致します。

    保険証券がないと窓口精算がご利用頂けません。
    (証券があっても窓口精算ができない場合があります。)

    *コジマ動物病院では、【ペット&ファミリー、アニコム、アイペットの3つのペット保険が窓口精算可能です。

    ご協力を宜しくお願い致します。

    ※消費税について※2014/03/29

    この度の消費税法改正にともない、コジマ動物病院では4月1日より8%の消費税率を適用させていただくこととなりました。

    ご不明な点がありましたらお問い合わせ下さい。
    ご理解とご協力をお願い申し上げます。

    ※フィラリア検査をおすすめします※2014/03/07

    フィラリア症の予防は蚊が出始めて1ヵ月後から、蚊がいなくなった1ヶ月後まで毎月の予防が必要となります。

    今までは毎月の予防ができていればフィラリア検査をしなくても予防薬をお渡ししていましたが、今後は毎月の予防をきちんとしている子にもフィラリア検査をおすすめすることになりました。

    毎月しっかり予防していたはずなのにフィラリア症に感染してしまったというワンちゃんの報告があったからです。

    予防薬を投薬したはずなのに、錠剤タイプだとちゃんと飲めていなかったり、飲んだのに知らない間に吐いたり、スポットタイプだとちゃんと皮膚についてなかったり・・・
    このような場合、予防が不十分ということになります。

    きちんと予防ができていないことでフィラリアに感染してしまい、感染した状態で予防薬を使用すると重篤な副作用が出る可能性があります。

    そこで当院では本年より、前年の予防を行っているワンちゃんにもフィラリア検査をおすすめすることになりました。

    検査は血液を少しとって調べます。
    その日のうちに分かる検査なのでそこまでお時間もかかりません。

    フィラリア検査を行って、感染していないことを確認してから予防をスタートさせられれば安心ですね!

    フィラリア症について分からないことがありましたら、獣医師または受付までお声かけ下さい。

    ✪デンタルケア・フォローキャンペーン✪2013/12/20

    デンタルスターターキットをお試しいただいたワンちゃん・ネコちゃんにフォローキャンペーンDMを送らせて頂きました。

    スターターキットを使ってみて、使い方が分からなかったり、効果が出ていないようでしたら病院までご相談下さい!

    飼主さまのお悩みに獣医師が適切なグッズややり方をご案内させて頂きます☆
    ※診察料がかかります。
    ※ワンちゃん、ネコちゃんの性格によっては直接やり方をご案内することが難しい場合があります。ご了承下さい。


    デンタルスターターキットをお試しして頂いてないワンちゃん、ネコちゃんでも口臭・歯石などが気になる飼い主様はお気軽にご相談くださいね✿

    ❉風邪に注意❉2013/10/23

    最近、日によって気温の差が激しくなってきましたね。
    飼い主の皆様、体調を崩していませんか?

    急に寒くなって、病院にも風邪のワンちゃん・ネコちゃんが来院することが増えてきました。皆様のおうちのペットたちは大丈夫でしょうか?

    特に高齢のペットや子犬・子猫は風邪をひきやすく、悪化もしやすいので注意が必要です。
    ペットたちの風邪のサインを見逃さないようにしましょう!

    ≪風邪をひいたかも・・・のサイン≫
    ✪鼻水が出ている(鼻のまわりが濡れている)
    ✪くしゃみ、咳をする
    ✪食欲低下
    ✪熱っぽい
    ✪丸まって震えて寝ている

    食欲の低下は風邪の症状としても出ることがあります。
    また、症状がなくても丸まって寝ていたり、震えている時はペットが寒がっていることが分かります。

    ペットが快適に過ごせるように、暖かい場所を用意してあげましょう✿
    しかし居場所全てを暖めすぎてしまうと危険なので、ペットが居場所を選べるようにしてあげるのがベストです♪♪

    風邪気味の時ははしゃぎすぎたりするだけで悪化してしまうことがあるので、暖かくして安静にしなければいけません。子犬や子猫は安静にすることも難しいですよね。

    まずは風邪をひかせないように気を付けてあげましょう!
    そして風邪かな?と思ったらお早目に病院へご相談ください♫

    お出かけ後は体調CHECKしてあげましょう!2013/08/18

    まだまだ暑い日が続いていますが、飼い主さんとペットのみなさん、夏バテしていませんか?

    この時期に多いのが、お盆休み&夏休みにペットと一緒にお出かけして、いつもと違う環境でペットが体調を崩してしまうということ。。

    はしゃぎすぎて疲れて食欲がなくなってしまったり、環境の変化でストレスを感じて下痢になってしまったり、はたまた山へキャンプに行ってマダニがついたり、ケガをしたり。。。

    お休みが終わるとなかなか病院に連れてこれない飼い主さんもいらっしゃると思います。ペットの変化を感じたらお休みのうちに、お早目に病院に連れてきてあげてくださいね✿
    またお出かけから帰ったら、ペットの食欲・元気や、全身をケガしてないか、虫がついてないかどうかなどをチェックしてあげましょう!

    ペットの体調に気を付けながら、残り少ない夏を楽しんでくださいね♪

    ◆注意①◆夏バテのワンちゃん増えてます!2013/07/19

    7月の初旬から暑い日が続いて、すでに夏バテ気味・・・
    そんな飼い主様も多いかと思います。

    『ワンちゃん・ネコちゃんにも夏バテってあるんですか?』
    そんな質問を多くいただくようになってきました。

    食欲がでない、元気がない・・
    おうちのワンちゃん、ネコちゃんにそんな症状はないでしょうか?

    体温調節が苦手なネコちゃんやワンちゃんにとって、夏の暑さは人間よりも辛いはず。。
    新鮮なお水を好きなときに飲めるように、夏は特に気をつけてあげましょう!また暑い時期はエアコンで温度管理してあげましょう。

    夏バテで多いのが食欲不振です。
    特に体が小さい子や子犬・老犬、やせ気味の子は食欲不振から体調不良に陥ることがあるので、毎日の食欲をCHECKしてあげるといいですね。
    そして少しでも食いつきがいいものを足すなどして食欲が出るように工夫してあげましょう♪

    エアコンで温度管理する場合、ワンちゃんやネコちゃんに直接当たらないように気をつけてあげましょう。また、できればエアコンのついてる部屋とついてない部屋を自由に移動できるようにしてあげるといいでしょう。

    夏バテよりも怖いのは熱中症です。
    お昼などの暑い時間帯にお散歩に行ったりしてないですか?
    エアコンのついてない部屋で日中お留守番などさせていませんか?
    ペットの熱中症は生死に関わることもあり、飼い主様の十分な注意が必要です。

    おうちのペットが夏バテ気味かも?と思ったらまずは環境がペットのすごしやすい状態か再確認して、心地いい環境を用意してあげましょう。
    そして心配な症状がありましたら病院へご相談くださいね。

    飼い主様も、ペットも夏バテには十分注意して楽しい夏をお過ごしください☆

    ♪歯ブラシにチャレンジしてみましょう♪2013/06/04

    最近、歯ブラシで歯磨きすることにチャレンジされる飼い主様が増えてきています!
    まだ乳歯の時点で始める方も多く、歯磨きの大切さがだんだんと浸透してきていることをうれしく思います。

    今回は歯ブラシを使った歯磨きについてお話させていただきます。

    いきなり歯ブラシから歯磨きをスタートする子もいれば、徐々に指やシートからステップアップする子、、、さまざまですが、歯ブラシでの歯磨きをおとなしくさせてくれる仔はとても少ないと思います。

    大事なのは、
    ✿嫌がる前にやめる。
    ✿いきなり全体を磨かずに、毎日、少しずつ。
    ✿できたときは思い切りほめてあげましょう。(ご褒美を少しあげるのも〇)

    それでもやっぱり難しい子は、おいしい味の歯磨きペーストを使ってみましょう。
    歯磨きペーストはチキン味、リーフ味、モルト味があります。
    味を気に入ってくれれば、歯磨きがよりやりやすくなりますね!

    また、歯磨きペーストの成分によりさらに歯磨き効果がアップ☆ミ
    殺菌作用が働いて口臭防止も期待できます。

    歯ブラシと歯磨きペーストの組み合わせでしっかり歯磨きができたら、きれいな歯を保つことができますね✿
    高齢になってもさわやかなお口でいられるように、飼い主さんとペットと、一緒に頑張ってください☆

    ※嫌がる子に無理やり歯磨きしようとすると思わぬケガをする恐れもありますので、その子に合ったオーラルケアをしてあげましょう。

    ✪デンタルケア 新商品のご案内✪その22013/05/21

    ◆LIONから発売されているペット用オーラルケア商品のご案内です◆

    前回はオーラルスプレーについてご説明させて頂きました。
    今回は、歯磨きに初挑戦する子や、歯ブラシだとなかなか難しい子にピッタリの『デンタルシート』についてご説明させて頂きます。

    ~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

    お口を触らせてくれるようになってきたら、デンタルシートを使ってこすり磨きのスタートです☆ミ

    飼い主様の指にデンタルシートを巻きつけて、ペットの歯を直接こすって磨きます。
    はじめは触っても嫌がらない歯から優しく触るようにし、慣れて嫌がらなくなってきたら徐々に範囲を広げていきましょう✿
    大切なのは長時間歯磨きを続けないこと。
    ペットが嫌がる前にやめてあげることで、歯磨きを嫌いにならないように気を付けてあげましょう!
    うまくできたら褒めてあげて、楽しく練習してくださいね♪

    デンタルシートで歯の表面についた汚れを浮かせて擦り取ると、歯垢の蓄積を抑えたり、新しく歯石がつくことも防げます。
    また、歯を清潔に保つことで歯肉の健康も維持します。

    ※残念ながら一度ついてしまった歯石はデンタルシートで取るのは難しいです。
    歯石除去については獣医師または受付へご相談下さい。

    デンタルシートができるようになれば次のステップは歯ブラシで歯磨きです!
    歯ブラシによる歯磨きについては次回更新致します✿

    ✪デンタルケア 新商品のご案内✪2013/05/15

    ご好評いただいていたデンタルケアスターターキットの半額キャンペーンは5月中で終了の予定です。
    ご希望の方はお早目にお求めください✿

    ☆歯磨きを始めた方、これから始める方へ☆ミ
    新商品として、LIONから出ているペット用デンタルケアグッズの販売をスタートしました!
    ・デンタルブラシ
    ・オーラルスプレー
    ・デンタルシート
    ・デンタルジェル
    これらは単品でご購入いただけますので、ペットに合わせて必要なものを組み合わせてご利用いただけます。

    今回はオーラルスプレーについてご説明いたします。

    歯磨きが苦手なワンちゃん、猫ちゃんにおすすめです。
    抗菌作用があり、口臭も抑えてくれる優れもの☆
    1日1回2プッシュでお手入れ完了です!
    初めのうちは清潔な手にスプレーしてなめさせて下さい。
    慣れてきたらお口の中に直接スプレーして下さい。

    歯周病菌の抑制にもなるので歯磨きができる子の仕上げにもおすすめです♪
    気になる方は獣医師か受付までお声がけ下さい♪

    ☆ワンちゃんのしつけに困ったら・・☆2013/04/24

    ワンちゃんのしつけで困った経験、ありますか?
    みなさん1度はあるかもしれません。

    コジマの店舗ではプロの専属インストラクターによるしつけ相談会を開催している店舗があります。
    アリオ橋本店(ペットショップの方)でも開催しているので、詳細をご案内させていただきます☆

    ◆日程◆
    第2・第4月曜日と、第2・第4土曜日

    ◆時間◆
    12:00~21:00の間の1時間

    ◆料金◆
    1000円

    ※完全予約制ですのでお電話にてご予約下さい※
    ◆電話番号◆
    042-700-6922


    ※病院ではなく店舗での開催になります※

    しつけに悩んだら、病院でももちろんご相談に乗りますが、しつけのプロのアドバイスを聞いてみるのがいいかもしれません♪
    こういったサービスを上手に利用して、ワンちゃんとの楽しい生活を充実させてくださいね☆

    ☆ワンちゃんのデンタルケアキャンペーン☆2013/04/10

    ただいまコジマの全病院にてデンタルケアスターターキットをキャンペーン価格で販売しております♪
    5月までは通常価格の半額以下で販売中!

    スケーリング(歯石除去)を受けたワンちゃんと、アニマルドックの基本コース以外を受けられたワンちゃんには無料でプレゼントさせていただきます★

    キットの内容は、
    ●デンタルブラシ
    ●歯磨きペースト
    ●ベジタルチュウ(歯磨きガム)
    ●アクアデント(飲み水に入れるだけのデンタルケア)
      となっております。

    まだ歯石がついていない子は早めのスタートが肝心!
    もう歯石がついてしまっている子はこれ以上歯石がつかないように頑張りましょう!

    たくさん歯石が付着して、口臭も気になる子は・・・
    ≪スケーリング(歯石除去)≫がおすすめです!
    一度、歯石をきれいに取り除いてからデンタルケアを始めましょう☆

    何から始めたらいいか分からない、うちの子にはどれがピッタリなの??
    という方は、まずはお気軽にご相談下さい☆ミ

    ☆狂犬病予防接種について☆2013/03/25

    だいぶ暖かくなって、桜も満開のところが増えてきましたね☆

    春になると狂犬病予防接種のお知らせが地方自治体より届くと思います。
    4~6月が狂犬病予防接種の時期となっているため、前年度に打った時期と関係なくお知らせが届きます。

    ドッグランやトリミングで今年度分の証明書が必要な方は、前回の狂犬病予防接種から1年たっていなくても接種が可能です。

    気になる方は獣医師にご相談くださいね♪

    ✿暖かくなったら、ノミ・マダニ本格予防!!✿2013/03/13

    最近急に暖かな日が増えてきましたね✿

    暖かくなるとノミやマダニの活動が活発になってきます。
    まだ予防を始めていない飼い主さんは、ペットのノミ・マダニ予防をスタートさせましょう!

    お外に出るワンちゃん・ネコちゃんはもちろん、お家の中から出ないワンちゃん・ネコちゃんにもノミ予防しておきましょう。
    飼い主さんがノミを持ち帰ってきている可能性があります。

    一度ノミがついてしまうとおうちの中で繁殖と寄生を繰り返し、ペットだけでなく人間にも被害が出てしまうことがあります。
    室温は常にノミにとって丁度いい温度になっていることが多いので、真冬でも繁殖を繰り返します。
    お家の中にノミを持ち込まないことが大切ですね。

    お散歩に行くワンちゃんはノミ・マダニが一緒に予防・駆除できるお薬がおすすめです。
    マダニは草むらや緑のある公園などにも潜んでいます。
    最近は人間が刺されて大きな問題となっていますね。
    しっかりと予防・駆除して人間へのリスクも減らしましょう。

    外に出ないネコちゃんはマダニが寄生する可能性は少ないのでフィラリア・ノミが一緒に予防できるお薬がおすすめです。

    ノミ・マダニ予防薬は液体タイプ、おやつタイプをご用意しております。
    どのお薬を使ったらいいのか、何を予防したらいいのかなど分からない飼い主さんはお気軽にご相談くださいね♪

    最近多い疾患✪その4✪骨折2013/03/11

    最近、橋本病院では骨折のワンちゃんが多く来院されるようになってきました。

    ワンちゃんもネコちゃんも、人と同じように色々なところを骨折してしまうことがあります。
    ネコちゃんはワンちゃんに比べると件数は少ないですが、外に出ている子の交通事故や、ベランダからの落下事故による骨折があります。
    しかしワンちゃんは交通事故などではなくおうちの中や飼い主さんの前で骨折してしまう例も多くみられます。特に子犬の場合そこまで大きな衝撃でなくても骨折してしまうことがあるので注意が必要です。


    ◆◆まず、骨折が多い犬種とは?◆◆
    ポメラニアン、トイプードル、チワワ、イタリアングレーハウンド、ミニチュアピンシャーなど

    体が小さくて骨が細い子は小さな衝撃でも折れてしまうことがあります。
    特に子犬の場合はちょっとした段差から飛び降りて、着地を失敗して・・ということも。

    ◆◆骨折の原因で多いものは?◆◆
    ・交通事故
    ・高いところへ乗せていて、落ちてしまった
    ・抱っこしていたら飛び降りた
    ・足にまとわりついて踏んでしまった
    ・ドアにはさんでしまった

    ◆◆気を付けること◆◆
    ・ワンちゃんを高い場所に乗せない。(ネコちゃんはベランダに出さない)
    ・慣れない人が抱っこするときは飛び降りないように飼い主さんがついていてあげましょう。(できれば座った状態で抱っこが安心です)
    ・人の足にまとわりついてしまう子は、踏まないように気を付けたり、お散歩中は少し離れた場所を歩かせるようにしましょう。

    また、交通事故を避けるためにはリードや首輪が外れてしまった時のしつけができているかどうかも大事なことですね。普段のしつけが事故を防ぐことにもつながるのです。

    骨折してしまうと、手術が必要になる場合もあり、治療に数か月かかることも多いです。痛みだけでなく、シャンプーやお散歩ができないこともワンちゃんのストレスになってしまいます。


    骨折しやすい種類のワンちゃんや子犬の頃だけでなく、いつでも骨折のリスクを回避できるように飼い主さんが気を付けてあげましょう✿

    ◆マダニに注意しましょう◆2013/02/23

    最近、マダニに刺されたことで『重症熱性血小板減少症』に感染し4人の方が亡くなられ、大きな問題となっています。

    マダニは日本全国で発生しており、山や草むら、茂みなどに潜んでいます。

    ワンちゃんがお散歩中に茂みに入ったり、お庭に出す場合などはマダニの予防・駆除をしましょう!
    指の間や耳などに寄生することが多いので、外から帰ったらマダニがついていないかCHECKしてみてください。

    人への感染を予防するには、まず第一に茂みなどのマダニがいそうなところにむやみに入らないことだそうです。
    あとは長袖、長ズボンでマダニから体を守ること。

    マダニは犬や猫に病気を運んでくる怖い寄生虫ですが、人間も注意が必要ということが分かりました。
    暖かい時期は特にしっかり予防して、ペットも人もマダニによるリスクを減らしていきましょう☆ミ

    ✵冬のペットたち・・・ 暖めすぎも注意です✵2013/01/23

    雪も残り、寒い毎日が続いていますが、飼い主さんやペットたちはいかがお過ごしでしょうか?

    この時期、ワンちゃんやネコちゃんのためにあったかグッズをそろえる飼い主さんも多いと思います。
    仔犬・子猫はもちろん、高齢の子や、おとなでも寒さに弱い子はあったかグッズがあると安心ですね!
    ペットヒーター(マットタイプ)や湯たんぽなどで暖がとれるようにしてあげるといいでしょう☆ミ

    気をつけないといけないのが、お留守番中や夜寝ている間などの、目を離しているときの『暖めすぎ』です。
    部屋全体が暖められるとペットが暑いと感じたときに逃げ場がなくなってしまいます。
    暖房の入った暖かな部屋と涼しい部屋を自由に行き来できる環境であればペット自身で調節できますが、お留守番中はケージやサークルの中、という場合も多いかと思います。

    暖房をつけたままお留守番させるのであれば、あまり高い温度で設定するのは危険です。
    また、直接暖かい風がペットを直撃しないように気をつけてくださいね。

    暖かなマットなどをサークルに入れる場合は、サークルの一部だけを暖めるようにして、ペットが寒いと思ったときだけ暖まれるようにしてあげましょう!湯たんぽを入れる場合はヤケドしないようにカバーをつけると安心です☆

    うちの子は寒がってるのかしら・・・分からない!
    そんなときは寝ているときの寝相でCHECK!
    寒いときは、犬も猫も縮こまります。震えている場合はすぐに暖めてくださいね!
    暖かいとき、または暑いときは体がだらーんと緩んでいることが多いです。
    寒がりさんの飼い主さんに合わせた室温だと、ペットにとっては暑い・・・なんてことも。
    特に短頭種のブルドッグやフレンチブルドッグ、パグなどはハァハァしてないか気をつけてくださいね。
    仔犬・子猫は風邪を引きやすいので縮こまってないか、震えてないかぜひ見てあげてください☆ミ

    また、人用のストーブやこたつはヤケドや酸欠、脱水症状を引き起こす恐れがあるので、飼い主さんがいないときは使用しないようにしましょう!
    こたつはスイッチが入っていなくても閉じこもると危険です。

    ひとも、ペットも、便利な暖房グッズを上手に使って寒い冬を乗り切りましょう!!

    ✱体脂肪率、測ったことありますか?✱2012/12/08

    みなさん、おうちのワンちゃんの体脂肪率ってご存知ですか?

    人間だけでなく、ワンちゃんも体脂肪率を気にする時代になってきました。
    同じチワワさんで同じ3キロでも、太っている子とやせている子がいます。
    体重だけでは肥満度は分からないのです。

    アニマルドックを受けたワンちゃんはみんな体脂肪率を計測していますが、なかなか測る機会がない・・・という飼い主さんも多いのではないでしょうか?
    診察時にご希望があれば体脂肪率を測ることができます。
    数秒おとなしくするだけで測れて、痛みもありません♪

    去勢、避妊手術したワンちゃんや体重が増えてきているワンちゃんには特におすすめです☆

    体脂肪率以外での肥満度のチェックは、くびれがあるかどうか、骨格と肉付きなどからも判断できます。
    なかなか自分では分からない・・という飼い主さんは病院で体格・体脂肪率、CHECKしてみましょう!

    ✩シャンプーのご案内✩2012/11/04

    みなさん、おうちのワンちゃん・ネコちゃんにはペット専用のシャンプーをお使いですか?
    たまに、人間用のシャンプーをお使いの飼い主さんもいらっしゃいますが、肌荒れや毛づやがわるくなったりする原因になることもありますので、ペット用シャンプーで洗ってあげてくださいね✩

    今回は、ノルバサンシャンプーというワンちゃん・ネコちゃん専用の薬用シャンプーについてご案内させていただきます✿

    ◆どんなシャンプー??◆
    ✩皮膚と被毛の殺菌・消臭効果
       ニオイが気になる子におすすめ!
    ✩低刺激
       皮膚の弱い子や、仔犬・仔猫にもお使いいただけます。
    ✩トリートメント効果あり
       シャンプーするだけでふわふわのトリートメント効果♪

    もちろん、健康な皮膚の子の日々のスキンケアとしてもおすすめです!
    スタッフにも人気があるシャンプーですよ☆

    ※こんな症状があるときは、まずは診察を
     ◦皮膚が赤い
     ◦皮膚をとてもかゆがる
     ◦フケがたくさん出る
     ◦しっしんや、できものがある
     ◦皮膚がただれている

    シャンプーもお薬のようにその子の症状に合わせて処方しております。
    皮膚で気になることがあれば、まずは診察を受けてご相談ください☆☆

    最近多い疾患✪その3✪誤飲2012/10/25

    今回は季節とは関係ありませんが、最近増えている誤飲についてお話させていただきます✣

    飼い主様の髪ゴム、ボタン、ストラップ、ペット用おもちゃ・・・
    ペットの届くところに飲み込める大きさのものを置いていませんか?

    好奇心旺盛なワンちゃん、ネコちゃんはものを口に入れたり、噛み付いたりして遊ぶことがあります。
    そしてそのまま飲み込んでしまうと、場合によってはおなかを開く手術をして取り出さなければならないこともあります。

    ワンちゃんはいろんなものを飲み込んでしまいます。
    よくあるのはペットシーツや布製品・ボタンやおもちゃのかけらなどの小さなもの・人間の薬・お菓子の袋などに入っている乾燥剤などです。
    ペットシーツや布は小さく裂かれた状態であればうんちと一緒に出てくることが多いのですが、たくさん食べてしまったり、大きな塊の状態で飲み込むとおなかの中でつまってしまうことがあり危険です。
    また、人間の薬や焼き鳥の串のようなとがったもの、ひも状のものは危険性が高いのでペットが届く場所には置かないようにしましょう。
    ネコちゃんも、ワンちゃんほどではありませんが異物を誤飲してしまうことがありますので同様に気をつけましょう。

    では、どうやったら誤飲を防げるのでしょうか?
    ✱おうちの中にペットが口にしそうなものを放置しない
    ✱人が目を離すときは、ケージの中で過ごすようにする
    ✱お散歩中は落ちているものに近寄らせない
    どちらも家族がみんなで気をつけてあげることが重要ですね!

    また、なんでも口に入れてしまう子は、取り上げようとすると逆に取られまいとして飲み込んでしまうこともあります。
    おもちゃを取り上げようとすると怒ってしまう子は要注意!
    くわえているものを飼い主さんに渡してくれるようにしつけをしておくのが理想的ですね✿

    飼い主さんが知らないうちに何かを飲んでしまったかも・・という場合もあります。
    食べたものをすぐに吐いてしまう、吐きが続くなどの症状が出た場合、誤飲の可能性がありますのでできるだけ早く診察を受けるようにしましょう。

    誤飲してしまったとき、すぐに来院できれば強制的に吐かせることができる場合が多いです。(飲み込んだものにもよりますが)
    様子を見て夜に具合が悪くなったら大変です。できるだけ早く診察を受けるようにして下さい。

    今一度、何か飲み込めるようなものがペットの届くところにないかどうか、まわりを見渡して見てくださいね。

    最近多い疾患✪その2✪下痢2012/10/11

    最近多い疾患シリーズ、第2弾は下痢についてです☆

    近頃急に寒くなってきて、下痢のワンちゃんが増えてきました。

    下痢の原因はさまざまで、寄生虫感染やアレルギーだけでなく、食餌を急に変えたり、冷たい水を飲みすぎたり、旅行やホテルなどいつもとちがう環境にストレスを感じて下痢になることもあります。
    そして急な気温の変化で下痢することも多いようです。

    正常なうんちの硬さはワンちゃんもネコちゃんも手でつかんでも形を保てるくらいの硬さです。
    ネコちゃんはトイレ砂に水分が吸収されて分かりづらいことがあるので、うんちをチェックしたことのない飼い主さんは定期的にチェックしてあげると安心ですね☆形がしっかりしているか見てみましょう!

    水下痢ではないけれど、ソフトクリームくらいの柔らかさのうんちが続くような場合、様子を見てしまう飼い主様も多いですが、一度糞便検査をしたほうがいいでしょう。水下痢までいかなくても寄生虫の可能性は大いにあるのです・・!

    気温の変化で一時的に下痢をしている場合、お薬を飲んですぐよくなる子も多いので、おうちのワンちゃん・ネコちゃんのうんちがゆるくなったときは一度病院へご相談くださいね(^^)
    受診する場合は、新鮮なうんちを少量お持ちください☆

    最近多い疾患✪その1✪しっしん2012/10/01

    最近多く見られる疾患をみなさんに知ってもらうことで、ぜひともペットの病気の予防・早期発見に役立てていただきたいと思います✱

    まず、今回はしっしんについてお話させていただきます。

    橋本病院では8~9月にかけてしっしんの診察で来院されるワンちゃんが増えています。
    原因は夏の暑さによる蒸れが原因だったり、アレルギーだったり、細菌によるものだったり、シャンプーが合わなかったりと様々です。おしっこの付着によってかぶれたりすることも。。

    フレンチブルドッグやパグなどのしわの多い犬種や、シーズーやマルチーズなどの皮膚がベタベタしやすい犬種は特にしっしんによる来院が多く見られるので、注意してみてあげましょう。
    しっしんはわきや股の内側、指の間にでやすいので、たまにCHECKしてあげるといいですね☆
    かゆみがあると舐めたりかいたりして余計悪化してしまいますので、かゆがっているときはすぐに皮膚をチェックして早めに診察を受けてくださいね。

    しっしんが出ないように気をつけることは、まずは清潔を心がけることです。長い間シャンプーをしないでいると、ばい菌が繁殖してしっしんや皮膚病の原因になります。また、オシッコがおなかの毛などについたままなのもよくないですね。
    シャンプーするときのお湯の温度と乾かすときのドライヤーの風の温度も重要で、あまり暑すぎるとかゆみや乾燥の原因になるので注意しましょう。

    わきや股の内側の皮膚なんてじっくり見たことがないな~という飼い主さんは一度見てあげてくださいね♬

    ✿オシッコ検査でわかること✿2012/09/15

    みなさん、ワンちゃんやネコちゃんのオシッコ検査をしたことはありますか?

    アニマルドックを受けたワンちゃん・ネコちゃんの中で一番多く見つかる問題が、オシッコの問題です。

    症状の有無にかかわらず、一番多いのが『ストラバイト結晶』です。
    尿のpHがアルカリ性に傾くことによってできる結晶で、放っておくと大きな石(結石)になってしまうこともあります。
    結石が尿道につまると、重篤な症状につながりかねません。

    ストラバイト結晶に飼い主さんが気づくきっかけとしては、
    ・オシッコがキラキラしている
    ・オシッコに血が混じる
    ・オシッコのポーズを何度もとる、少ししかオシッコが出ない
    などがあります。(血尿や膀胱炎の可能性もあります。)
    しかし実際に健康診断を行っていると、このような症状がなくてもストラバイト結晶が見られる子が多いのが実情です。

    症状がある子はもちろん、特に症状がみられなくても、検査をすることでオシッコの状態を把握しておきたいですね✿

    食生活にも関係があるので、おやつをたくさん食べている子は特に検査をおすすめします。

    オシッコの検査だけを行うこともできますので、気になる方は新鮮な尿を(液体の状態で)きれいな容器に入れて少量お持ちください。(2~3mlほど)
    来院していただければ、受付でオシッコの容器のお渡しや取り方のご説明をさせていただきます✩

    ストラバイト結晶以外にも、他の結晶が発見できたり、オシッコ検査をきっかけとして発見できる病気もあります。

    毎日当たり前にしているオシッコで、さらに症状がないと、なかなか問題に気づいてあげられません。
    病気の早期発見のためにも、一度オシッコ検査をしてみましょう!♥

    ✱スケーリング(歯石除去)について✱2012/09/05

    今までは、いかに歯石の付着を予防するかについてお話してきましたが、もうすでに歯石がついてしまっている子もたくさんいると思います。

    歯石は、一度ついてしまうとガムや歯磨きでもなかなかとるのが難しく、口臭や歯肉炎の原因となり、そのままにしておくと歯も歯茎もボロボロになってしまいます。。
    ぐらぐらの歯や、歯肉炎になった歯茎ではごはんもおいしく食べることができません。そこまで症状が進んでしまうと、歯石を除去するだけでなく、ぐらぐらの歯を抜く必要も出てきます。

    歯石がたくさんついてしまった子の歯をキレイにするには病院で全身麻酔をかけてのスケーリング(歯石除去)処置が必要になります。

    コジマ動物病院では、血液検査とレントゲン検査を行って、健康状態に問題がないか確認してからスケーリングの処置を行っています。
    歯がきれいになるだけでなく全身の健康状態をチェックすることもできるので、今後の健康維持にも役立ちますね☆

    しかしスケーリング処置をして歯がキレイになっても、その後のケアを行わないとまた歯石がついてしまいます。今までオーラルケアをしたことがない飼い主さんも、スケーリング後はぜひお手入れを始めてみましょう!

    歯がきれいになるということは、健康状態の向上につながります。
    歯石がたくさんついてしまっている子や口臭が気になる子は一度獣医師にご相談ください✿✿

    ※飼い主様からのご意見※2012/08/17

    本日ある飼い主様から、

    『ホームページの獣医師スケジュールの文字が小さく、プリントアウトすると読みづらくなってしまう』

    というご意見を頂きました。

    ホームページの文字を大きく変換することが今の段階では難しいようなので、橋本病院では獣医師スケジュールを待合室でも準備させていただくことにしました。

    大きな文字で見やすいスケジュール表をご用意致しますので、ご自由にお持ち帰りください☆ミ

    この度は大変貴重なご意見を頂き、スタッフ一同感謝しております。
    今後も飼い主様の意見を取り入れて、通いやすい病院にしていきたいと思いますので、今後もよろしくお願い致します。

    また、何か気になる点などありましたらお気軽に受付までお申し付け下さい❀

    ☆オーラルケア☆~その③~2012/08/09

    51500_ext_03_0.jpg 今回は、橋本病院で人気ナンバー3のアクアデントというオーラルケア製品についてご案内させていただきます☆彡

    アクアデントとは、液体の飲むオーラルケア製品です。
    歯ブラシもダメ、歯みがきガムもダメ・・でも口臭が気になる!
    というワンちゃん、ネコちゃんにぴったりですね♪

    使い方は簡単です。いつもの飲み水に混ぜて与えるだけ!
    100倍に薄めて使うので1本(250ml)でも長持ちしますよ✩
    継続して使うと効果的です。

    お水は毎日取り替えてくださいね!

    橋本病院ではアクアデントのお試しサイズも販売しております。
    気になる方は、まずは小さいサイズで試してみてはいかがでしょうか✩

    歯みがきやガムが苦手な子でも、オーラルケアを諦めることはありません。
    将来の口臭予防のため、また今現在の口臭を抑えるためにアクアデントをぜひお試しください✿

    ☆オーラルケア☆~その②~2012/08/06

    前回に引き続き、オーラルケアについてご案内させていただきます☆

    前回、歯ブラシによる歯みがきをおすすめしましたが、今回は
    『どうしても歯みがきさせてくれない子のオーラルケア』
    についてご案内させて頂きます。

    歯みがきで歯石がつかないようにしたい、口臭予防をしたい・・そう考えている飼い主さんはとても多いです。
    でも、大人になってから急に歯みがきをさせてくれる子は珍しいかもしれません!

    歯みがき習慣を始めるには、前回ご案内したように順序を踏んで徐々にすすめていく必要があります。
    しかし、お口を触られるのがキライな子は、なかなか歯みがきは難しいですね。
    嫌がることを無理にするとストレスになってしまったり、どんどん歯みがきがキライになってしまうかも。。。

    歯みがきがどうしても難しい、そんなワンちゃんにお勧めなのが、

    ✰ベジタルチュウ!!(歯みがきガム)

    ワンちゃんの好きな味で喜んで食べてくれます。
    また独特の形状で、咬むことにより歯垢を除去してくれます。
    おやつ替わりに与えるだけで、歯みがきできない子でもお手軽にデンタルケアが出来ます♫

    原材料は植物由来で安心☆
    人気の歯みがきペーストにも含まれている天然酵素で、抗菌・殺菌作用を示します。

    当院ではSサイズ(小型犬用)15本入り
        Mサイズ(中型犬用)15本入り
        Sサイズは1本でバラ売りもしています。お試しをご希望の方にはこちらがおすすめです!
        Lサイズ(大型犬用)はお取り寄せになりますので、受付またはお電話でお申し付けください。

                       ※※※注意事項※※※
    ワンちゃんによっては慌てて食べて丸飲みしてしまう子もいるので、空腹時には与えないようにしましょう。初めて与える時も、よく様子を見てあげてください。
    Sサイズでも大きい場合は半分に切って与えてみてください。

    歯ブラシで歯みがきができない子も、ガムで口腔環境を整えてあげることができます☆
    歯みがきができなくてお悩みの飼い主さんは、ぜひ検討してみてくださいね♪

    ✩人気のオーラルケアをご紹介します✩2012/07/14

    今橋本病院で人気のオーラルケアをご紹介します!

    ✩1位✩ 歯みがきペースト
    ✩2位✩ ベジタルチュウ
    ✩3位✩ アクアデント

    堂々の第1位は、歯みがきペースト(チキン味)です!

    仔犬から大人のワンちゃんまで、最近ではネコちゃんにも人気がでてきました。
    ペットが大好きなチキン味で、喜んで歯みがきさせてくれる子も多いようです。
    『うちの子はまだ歯がきれいだから必要ないかも・・』
    そういった声をよく聞きますが、歯が汚くなってから歯みがきをスタートするよりも、小さい頃から歯みがきを習慣にしてしまうほうが飼い主さまもペットもストレスが少なくすみます。
    まだ乳歯の頃から歯みがきをおすすめするのはこういった理由があるのです。

    ✦✦初めての歯みがき✦✦
    ①まずは口の周りを触ることに慣れさせましょう。
    ②次に少量の歯みがきペーストを舐めさせ、味に慣れさせましょう。
    ③指にペーストを少量つけて、指で歯をこすってみましょう。
    ④慣れたらペット用歯ブラシを使ってやさしくブラッシングしましょう。
    前歯→奥歯→歯の裏→全体 と、徐々に磨く場所を増やしていきます。
    ⑤毎日歯磨きを続け、終わったら褒めてあげましょう!
    ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦ ✦

    ※歯みがきに慣れるまでには時間がかかることが多いです。時間をかけて少しずつ、慣らすようにしてあげましょう。ペットが歯みがきを嫌がらないように、強く押さえつけたり、嫌がっても続けたりはしないようにしましょう。

    ※歯みがきペーストにはモルト味もあります。
    ※ネコちゃん専用でシーフード味もご用意できますが、お取り寄せになるため受付またはお電話にてご注文ください。

    次回は『どうしても歯みがきができないワンちゃんのオーラルケア』
    についてご案内します。

    ペットの口臭予防・歯石予防のためにおいしく♥楽しく♪歯みがき習慣を続けましょう!

    ☆乗り物酔いするワンちゃんに朗報!☆2012/07/04

    病院に連れて行くとき、家族で旅行に行くとき、ドッグランに連れて行くとき、、、
    車酔いするワンちゃんだと、目的地に着くまでに嘔吐してしまったりしてかわいそうな時がありますよね。

    そんなワンちゃんのために、乗り物酔いの嘔吐を予防するお薬が発売されました☆
    眠くなったり、元気がなくなるような作用はないのでお出かけ先でも楽しく遊ばせてあげられます。

    ●●お薬以外の乗り物酔い対策●●
    ①まずは短時間のドライブで慣らしてあげましょう。
    ②ワンちゃんが快適に過ごせるように温度環境を整えてあげましょう。
    ③安全運転を心がけ、急ブレーキや急ハンドルは避けるようにしましょう。
    ④こまめに休憩を取って、水分補給やおしっこをさせてあげましょう。

    夏のお出かけには熱中症対策もお忘れなく!車の中でのお留守番は危険なので避けましょう。
    ワンちゃんと一緒のお出かけを楽しんでくださいね☆

    ✽熱中症に気をつけて✽2012/06/24

    だんだん暑くなってきましたね!夏はすぐそこです。
    気温が上がると注意しないといけないのが熱中症です。
    ワンちゃんも人と同じように熱中症になります。
    人間が大丈夫な気温でも、ワンちゃんにとっては辛いことも。
    よく様子を観察してあげましょう。

    《特に注意が必要なこと》
    ✣お散歩の時間帯
     日中のお散歩は熱中症にかかるリスクが非常に高いので避けるようにしてください。
     また、夏の日中のお散歩は肉球をやけどしてしまう危険性もあります。
     涼しい季節までは日中のお散歩はやめて、暑くなる前の朝か、夕方涼しくなってから行きましょう♬
     
    ✣短頭種(パグ・フレンチブルドッグ・ブルドッグなど)
     短頭種のワンちゃんは、ほかのワンちゃんよりも熱中症になりやすいので特に注意が必要です。

    ✣肥満気味のワンちゃん
     太っていると呼吸がしづらく、熱中症の危険も高まります。

    ✣車の中のお留守番・お部屋でのお留守番
     車の中や、空調の効いていないお部屋でのお留守番は熱中症の危険性がとても高いです。お部屋でのお留守番は、エアコンなどでの温度管理と、自由にお水が飲める環境を用意してあげてください。

    《熱中症かな?と思ったら》
    ワンちゃんがハァハァして息が荒くなってきたら涼しい場所でお水を飲ませてゆっくり休ませてあげましょう。濡れたタオルなどで体を冷やすことも大切です。
    他にもこんな症状が出ることがあります。
    ・体温が上がる
    ・フラフラする、立てなくなる、倒れる
    ・よだれがたくさん出る
    ・吐く

    熱中症は症状が重くなると命を落とすこともある恐ろしい病気です。
    ペットを守れるのは飼い主さんだけです。温度管理に気をつけてあげましょう!

    ☆定期駆虫について☆2012/06/17

    ワンちゃん・ネコちゃんの腸内に寄生する寄生虫は、感染しても目には見えません。
    下痢などの症状が出ない場合もあるので、現在ペットのおなかの中に寄生虫がいても気づかないことも多いのです。

    そこで、定期的に虫下しのお薬を投与しておなかの寄生虫を駆除することが大切になってきます。

    《お散歩中に要注意!!》
    定期駆虫をしていないワンちゃんのおしりのにおいをクンクン・・
    ノラ猫さんのウンチをペロリ・・
    ミミズやゴキブリをパクリ!
    おなかの寄生虫が感染するリスクがお外にはたくさんあります!


    また、過度なスキンシップや排泄物の処理時などに人に感染することも。
    特に小さなお子さんがいるご家庭では注意が必要です。

    当院では3ヶ月に1度の駆虫をおすすめしております。
    ワンちゃん、ネコちゃん、そして飼い主様の健康のために定期駆虫を続けましょう!

    ☆フィラリア予防について☆2012/06/06

    フィラリア症とは蚊が媒介し心臓に虫が寄生する恐ろしい病気ですが、きちんと予防すれば確実に防げる病気です。
    予防時期は蚊が発生して1ヶ月後からスタートし、蚊がいなくなって1ヶ月後まで毎月1回のお薬の投与が必要です。当院付近ではだいたい4月~12月くらいまで予防していただいております。

    予防薬には錠剤タイプのほかに牛肉フレーバーのおやつタイプをご用意しております。お薬を飲ませるのが大変な子にも喜んで食べてもらえるので大変好評です。

    また、近年ネコちゃんへのフィラリア感染が報告されるようになりました。
    ネコちゃんもフィラリア予防をしてあげましょう。

    ノミの予防とフィラリア予防を同時に行えるスポットタイプのお薬もあります。こちらのお薬はネコちゃんやマダニ予防が必要ないワンちゃんにお勧めです。

    その子に合った予防で、大切なワンちゃん、ネコちゃんを守ってあげましょう!

    ☆ノミ・マダニ予防☆2012/06/06

    気温が13℃以上になると、ノミは活発に繁殖を繰り返します。
    お外でお散歩する子はノミ予防をお勧めいたします。
    草むらや茂みなど、マダニの寄生が考えられる場所へ行く子はマダニもしっかり予防しましょう。
    その子に合った予防薬で、ワンちゃん・ネコちゃんが快適に過ごせるようにしてあげましょう!

    ☆アニマルドック(健康診断)のご案内☆2012/06/06

    ワンちゃん、ネコちゃんは人間とちがって体調の変化を教えてくれません。

    定期的に全身の健康状態をチェックすることで病気の早期発見・健康維持をこころがけてあげましょう。

    アニマルドックには5つのコースがありますので、ペットの年齢や状態に合わせてお選び頂けます。
    詳しくはアニマルドックのページをご覧ください。
    ご不明な点などありましたらお気軽にご相談下さい。

    banner_medical.png
    banner_vetsletter.png
    faq.png