動物病院トップ > 動物病院一覧 > コジマ府中動物病院

コジマ府中動物病院

icon_animal_2.png icon_animal_1.png icon_animal_title.png
※犬猫以外は来院前に必ずご連絡ください。動物種によって最適な診療が行えるよう他院をご紹介させて頂く場合がございます。
hospital_line.jpg
hospital_ad.png
東京都府中市若松町2-29-2(ペットの専門店コジマ府中店2F) hospital_map.png
hospital_tel.png
042-330-5315

hospital_time_txt.png
 
10:00~12:15 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
15:00~18:45 ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg ashiato.jpg
※毎週水曜日は午前診療のみとなります。
hospital_parking_txt.png
あり。コジマ府中店と兼用。
txt_parking_about.jpg
専用の無料駐車場を23台ご用意しております。満車の場合はご迷惑をおかけしますが、ぜひご利用下さいませ。

  • 2017年01月( )
  • 花小金井往診所からのお知らせ
  • 2016年06月( )
  • <重要>獣医師 藤本 異動のお知らせ
  • 2016年05月( )
  • フィラリア症について
  • 2016年03月( )
  • ≪狂犬病予防接種≫
  • 2015年11月( )
  • 府中病院改装に伴うお知らせ
  • 2015年10月( )
  • 獣医師スケジュール変更のお知らせ
  • 2015年09月( )
  • 動物病院へ連れてくる時にキャリーケースにスムーズに入れる方法~ネコちゃん編~
  • 2015年07月( )
  • ワンチャンの夏になりやすい病気
  • 2015年06月( )
  • シャンプーについて
    食べるノミダニ駆除剤の新製品がでました
  • 2015年05月( )
  • ノミ・ダニの予防について
  • 2015年04月( )
  • フィラリア予防について
  • 2015年02月( )
  • 冬のお散歩について
    子犬のガジガジにお困りの方へ。
  • 2015年01月( )
  • 猫ちゃんの誤食について
    明けましておめでとうございます。
  • 2014年12月( )
  • 寒くなってきたので・・・
  • 2014年08月( )
  • 花小金井店往診
  • 2014年07月( )
  • 新しい獣医師が入りました。
    夏のお出かけ・緊急対処法
  • 2014年06月( )
  • 夏のお散歩・お留守番について
  • 2014年04月( )
  • フィラリア予防に関しまして
  • 2014年02月( )
  • 事前受付
  • 2014年01月( )
  • 獣医師スケジュール変更のお知らせ
    2014年!!!
  • 2013年12月( )
  • 開院前の受付につきまして
    お薬が苦手な子には!
  • 2013年10月( )
  • グリニーズ新発売!!!
  • 2013年08月( )
  • 獣医師スケジュールの変更のお知らせ
  • 2013年07月( )
  • 新しい仲間が増えました!!!
    院長のシフト変更のお知らせ
  • 2013年05月( )
  • ☆府中病院からのお知らせ☆
    数量限定!デンタルスターターキット
  • 2013年03月( )
  • 今年も多く飛んでおります…
    4月18日の休診につきまして
    獣医師スケジュール変更のお知らせ
    獣医師スケジュール変更のお知らせ
  • 2013年02月( )
  • <デンタルケアをしよう!①>
  • 2013年01月( )
  • ワクチンアレルギーについて
    Let'sキトントレーニング!
  • 2012年12月( )
  • 冬の食べ物にご注意を!!
    忘れていませんか??
  • 2012年11月( )
  • わんちゃんの冬の健康管理
    院長不在のお知らせ
  • 2012年10月( )
  • 獣医師スケジュール一部変更のお知らせ
    肥満について
    わんちゃん・ねこちゃんの冬になりやすい病気とは…
  • 2012年09月( )
  • 大切なペットの「健康の記録」…ありますか?
    去勢手術について
  • 2012年08月( )
  • 避妊手術について
    誤食に注意!!!
  • 2012年07月( )
  • 真夏のお留守番・お散歩にご注意!!!
  • 2012年06月( )
  • アニマルドックのご案内
    フィラリアの予防シーズンになりました
    ネコちゃんのフィラリアについて
    ノミ・ダニの予防

    花小金井往診所からのお知らせ2017/01/06

    2017年2月より、花小金井往診所の担当が府中動物病院から練馬動物病院に変更となります。
    ご迷惑をお掛け致しますが、何卒ご理解ご協力の程、御願い申し上げます。

    <重要>獣医師 藤本 異動のお知らせ2016/06/29

    獣医師 藤本は7月より本牧の新病院へ異動します。
    そのため7月中は府中病院への出勤が変則的になり、花小金井店への往診も7月までとなっております。
    ご迷惑をお掛け致しますが、獣医師スケジュールをご確認の上、ご来院下さい。

    フィラリア症について2016/05/04

    こんにちは。寒さも和らぎ、日差しにようやく春の訪れを感じられ、過ごしやすい季節になりましたね。

    今日はフィラリア症についてご紹介致します。


    <フィラリア症とは>

    蚊が媒介し、心臓に虫が寄生する病気です。

    主な症状→発咳、体重減少、散歩などの運動を嫌がる、赤みを帯びた尿。

           急な症状ですと、突然死をもたらす恐ろしい病気です。


    <予防法>

    ・蚊が出始めてから1ヶ月後(目安:4月)~蚊がいなくなってから1ヶ月後(12月)までが適した予防時期とされています。

    ・予防薬では、食べるタイプと首にたらすタイプと注射がございます。

    ・ご安心してお薬をお使い頂くために、血液によるフィラリア検査をおすすめしています。


    その他ご不明な点・ご質問がございましたらお気軽に病院スタッフまでお問い合わせください。

    ≪狂犬病予防接種≫2016/03/10

    こんにちは!

    今年度の狂犬病予防接種が始まりました。
    予防接種を受けるにあたり注意点があるので紹介します。
    1.万が一ワクチンアレルギーを起こした場合、病院での処置が必要となることがありますので、
    なるべく早い時間午前中(10:00~12:15)か午後(15:00~17:00)までに来院されるのがオススメです。

    2.ワクチンを受け終わりましたら、安静に過ごすようにしましょう。
    また、1週間シャンプーが出来ないのでトリミングとの予定調整をしましょう。

    4月に入ると病院内の混雑が予測されますので、早めにご来院いただき接種を行っていただくのがオススメです。

    府中病院改装に伴うお知らせ2015/11/20

    誠に勝手ながら、改装のためコジマ府中動物病院を下記の期間休診とさせていただきます。

    期間
    ■12/1(火)~12/18(金)まで

    休診中の診療につきましては、
    最寄りのコジマ動物病院、または往診実施店舗をご利用いただけますようお願い申し上げます。

    ●コジマ府中動物病院近隣のコジマ動物病院
    ・コジマ練馬動物病院 ・コジマ八王子動物病院

    ●コジマ府中店近隣の店内往診実施店舗
    ・コジマ花小金井店 ・コジマ国分寺店


    飼い主様には大変ご迷惑をおかけいたしますが、何卒よろしくお願いいたします。

    獣医師スケジュール変更のお知らせ2015/10/23

    こんにちは。
    秋も一層深まり、肌寒い季節になってきましたね。

    11月の獣医師スケジュール一部変更になりました。

    石井獣医師 11月6日、11月8日 出勤⇒欠勤

    松浦獣医師 11月7日、11月8日 出勤⇒欠勤

    豊島獣医師 11月6日 欠勤⇒出勤

    以上の変更となりました。
    ご迷惑おかけ致しますが、ご理解の程宜しくお願い致します。

    動物病院へ連れてくる時にキャリーケースにスムーズに入れる方法~ネコちゃん編~2015/09/04

    今回はネコちゃんになるべくストレスをかけないように短時間で入れられる方法を紹介いたします。

    *使うもの
    キャリーケース(上からも出せるタイプがオススメです)
    洗濯ネット(コジマではネコちゃん用の楽々ネットがで販売中です)

    *方法
    1.ネコちゃんの後ろから近づき、首の皮膚を少しつまむ要領でつまむ
    2.ネットの中に頭から入れ、ファスナーを閉める
    3.ネットごとネコちゃんを持ち上げ、お尻のほうからケースの中へしまう

    *やっておきたいこと
    ケース内で暴れたりして怪我をする前に爪を切れるようであれば切っておきましょう

    ネコちゃんのストレスを一つ工夫することにより軽減する事が出来るので飼い主様も一緒に頑張りましょう!!

    ワンチャンの夏になりやすい病気2015/07/15

    こんにちは!
    暑くてジメジメする季節がやってきました。
    暑くてジメジメする夏は、ワンチャンも苦手な季節なので健康管理には気をつけてあげましょう!

    今回は夏になりやすい病気やケガをいくつか紹介いたします。
    ・乾きにくい場所になりやすい「細菌性皮膚炎」
    ・ノミの唾液に反応してかゆみが発生する「ノミアレルギー性皮膚炎」
    ・高温多湿の環境で細菌が繁殖しやすい「外耳炎」
    ・アウトドアやお祭りに行き拾い食いをしてしまうことによる「誤食」
    ・蚊を通じて感染する「フィラリア症」
    ・真夏の路面や砂浜を散歩して起こる「肉球のやけど、ケガ」
    などです。
    どれも高温多湿の環境下がきっかけでなったり、季節柄おこりやすいものになります。
    なので、対処法としては以下のことをしてあげましょう!
    ・エアコンで空調管理をする
    ・拾い食いを防ぐために目配りをする
    ・ノミダニ、フィラリアの予防薬を使用する
    ・日中のお散歩はなるべく避ける

    健康管理を行ってあげ、楽しい夏を過ごしましょう!

    シャンプーについて2015/06/24

    こんにちは。
    梅雨も本番を迎え、ジメジメする毎日が続きますね。
    そこで今回のテーマは「シャンプー」についてです。

    お家のワンちゃん、ネコちゃんのシャンプーはしていますか?
    定期的にシャンプーをすることにより清潔に保て、時には皮膚病などに気づくことができます。

    今回は、シャンプーの仕方についてご紹介したいと思います。

    まずステップ1<準備>
    ・皮膚を傷つけないように、優しくブラッシングをし、毛のもつれを取りましょう。
    ・毛玉は出来るだけ切っておきましょう。
    ・しわの間(フレンチブルドック、ボストンテリアなど)、指の間の汚れをあらかじめ拭っておきましょう。

    ステップ2<体を濡らす>
    ・皮膚までしっかり濡れるように五分間洗います。
    POINT!お湯の温度は、30度以下に設定しましょう。
    (温度が高いと乾燥やかゆみの原因になります。)

    ステップ3<プレシャンプー>
    ・体全体を優しくマッサージするように、指の腹で洗います。
    ・全体的に洗ったら、ぬるま湯ですすぎましょう。

    ステップ4<本シャンプー>
    ・500円玉くらいのシャンプーをまず手で泡立てます。
    ・しわの間や指の間まで泡が行き渡るように、指の腹で優しく洗います。
    POINT!口、目や耳の中にシャンプーが入らないように十分に注意しましょう。

    ステップ5<すすぎ>
    ・目安として5分間かけてじっくりとすすぎましょう。
    ・しわの間や指の間は泡が残りやすいので、丹念にすすぎましょう。

    ステップ6<タオルドライ>
    ・トントンとタオルの上から叩くように、しっかりとタオルドライしましょう。
    ・ドライヤーを併用する場合は、体から離して、短時間で行いましょう。
    POINT!温風の場合は、やけどに注意しましょう。冷風の場合はタオルドライをしっかりとして体を冷やさないようにしましょう。


    ぜひお試しください。

    食べるノミダニ駆除剤の新製品がでました2015/06/04

    こんちには。
    まだ6月ですが暑い日が続いております。
    熱中症にご注意ください(><)


    今回は食べるタイプのノミダニ駆除剤についてのご案内です。


    CMでもお馴染みの「ネクスガード」を当院でも取扱いを始めました。
    ネクスガードはソフトチュアブルタイプで、
    大豆をベースにした牛肉風味の嗜好性の高いお薬です。



    特徴と致しまして、

    ・投与30分でノミを駆除し始め、
     8時間以内にノミを駆除します。

    ・速やかな効果によりノミが卵を産む前に駆除する事が出来ます。

    ・マダニに対して、投与48時間以内に駆除する事が出来ます。

    ・ノミ、マダニの駆除効果は1か月持続します。

    ・経口剤なのでシャンプーの影響をうけません。



    飼主様から、
    「このお薬大好きなの!」というお声を多数頂いておりますので、
    お背中につけるスポット剤が苦手なわんちゃんにはオススメです(^^)♪


    是非お試しください(^o^)/!!!

    ノミ・ダニの予防について2015/05/11

    こんにちは!(^・^)
    最近は気温もだいぶ暖かくなって過ごしやすくなってきました。
    暖かくなってくると、ワンちゃんはやはりお外で遊ぶ機会が多くなってくると思いますが、これからの時期で気を付けたいのがノミやダニに寄生されてしまうことです。

    ノミは寄生されるとアレルギー性の皮膚炎を発症してしまう可能性があるだけでなく、痒くて皮膚を噛んだり舐めたりしているうちに誤ってノミを食べてしまうと条虫という消化管の寄生虫に感染してしまうリスクがあります。また、1匹でもお家にもって帰ってしまうとそこで卵を産んだりして繁殖してしまうこともあります。
    ダニ、特にマダニについては最近「SFTS」という人間の病気を媒介する事でニュースを騒がせました。ワンちゃんにとっても様々な病気を運んでくる厄介者です。また、多数に寄生されると貧血になってしまうワンちゃんもいます。

    これらの外部寄生虫は発見が遅れると病気につながる恐れがありますのでお外で遊ぶ機会の多い子は要注意です。

    ノミダニの予防薬には様々なタイプのお薬があります。その子にあったお薬を使ってあげてください。予防薬についてのお問い合わせなどはお気軽にご相談下さい!

    フィラリア予防について2015/04/08

    こんにちは!
    4月に入りだいぶ暖かくなってきましたね。
    4月というと狂犬病ワクチンを打つ時期であったり、フィラリア予防の開始時期でもあります。
    今回は、フィラリアがどんな病気で予防法があるのかをお話いたします。

    〈フィラリア症とは〉
    蚊が媒介し犬の心臓に虫が寄生する病気のことです。
    症状としては、食欲がなくなる、散歩に行きたがらない、咳をする、体重が食欲があるのに減少していく、毛ヅヤが悪くなる、呼吸困難、貧血、血尿などがあります。
    放っておくと命をおびやかす恐ろしい病気です。

    〈予防法〉
    フィラリアは、感染した場合も半年間は検査で確認することが出来ません。潜伏期間を見逃さないために、年に1回は血液検査をするのをおすすめいたします。
    予防薬としては、飲み薬と体につける薬の2種類があります。
    その子その子にあった予防薬を選択して、4月から12月までしっかり予防をしてあげましょう!

    冬のお散歩について2015/02/26

    こんにちは!
    昨年と比べ今年は都内では積雪はないようですが、寒い日が続いていますね。
    冬は人より体温の高いワンちゃんにとっては、散歩のしやすい季節となってます。
    ですが、犬種によっては寒さに弱いワンちゃんもいるので寒さ対策を今回は紹介していきたいと思います。

    ①洋服を着せる
    最近は、ファー系、フリース系、ダウン系など素材も豊富でデザインもおしゃれになっています。
    まず洋服を買ったら、洋服に慣れさせる練習を行いましょう。

    ②歩き方を変えて遊びをくわえてみる
    いつもより少し速めにリズムよく歩くようにする。
    さらに、散歩の途中でダッシュなどをいれると運動量もアップし暖かくなります。

    飼い主さんも防寒を行い、ワンちゃんも洋服を着てお散歩をしていっしょにポカポカになり楽しいお散歩をしましょう!

    子犬のガジガジにお困りの方へ。2015/02/13

    こんにちは。

    今回は、診察室でよく相談を受ける「子犬の甘噛み」についてお知らせします。

    「ウチの子、すぐ手に嚙みついて来るんです!」

    とお困りの方、多いと感じます。

    仕方ないです、子犬は嚙んで遊ぶ生き物です。

    家具をかじってしまう前に、

    ヒトの手を噛んで遊んでしまう前に、

    ガジガジ対策としてデンタルガムを与えるのも一つの対処方法ですよ♪

    府中病院では、子犬でも使用できるガムを取り扱っておりますので

    試してみたい方は、受付または診察室にてご相談下さい。

    ※ガムの使用に際しては、誤飲事故に繋がらないよう注意して下さい。

    与え始める時、子犬がきちんと嚙んで遊んでいるか、確認をお願い致します。

    猫ちゃんの誤食について2015/01/30

    猫ちゃんの誤食ランキング

    1位 糸・紐類 
    パーカーやスウェットの紐・・・遊びながら飲み込みやすい物です。太いので腸で詰まって腸閉塞の原因となります。

    包装用のリボン・・・団子状になりにくく、腸の内壁に長い状態でへばり付いてしまう事があります。

    食品のタコ糸・・・味がついているので猫が一度に大量に誤食してしまう恐れがあります。

    針がついた糸・・・猫ちゃんの舌のざらざら部分に絡まって飲み込みがちです。針は口内で突き刺さる危険があります。

    腸には「長いもの」を流す仕組みがなく、10cm以上の長さや太めの糸・紐類は留まりやすい特徴があります。絡まって腸に詰まるほか、腸が引っ張られて壊死する恐れもあります。


    2位 段ボール・紙類
    たまに段ボール箱の端をかじったり、爪とぎ器のカスを食べるくらいなら胃腸に詰まることはまれですが、大量、頻繁に食べるなら腸に蓄積する恐れもあるので注意しましょう!

    3位 猫のおもちゃ
    猫ちゃんが口にくわえる物だけに誤食も多いです。噛み千切る事が多いのでウンチと共に排泄されやすいですが、素材や量によっては詰まる恐れがあります。特に危険なものは、口に収まりやすいサイズのもの、動物の毛+プラスチックのものは動物の毛の臭いに反応して誤食をしたり、持ち手を食べて腸に詰まってしまった猫ちゃんもいます。

    4位
    人の髪の毛 人の頭皮から出る臭いなどが気になるのか食べてしまう猫ちゃんが多いようです。長い髪の毛を大量に食べさえしなければウンチと共に出てきます。

    5位 観葉植物
    多くの観葉植物は猫ちゃんにとって〔毒〕です。球根や根にだけ軽い毒性があるものもあれば、花粉を舐めるだけで激しいけいれんを引き起こす物までさまざまです。観葉植物は誤食させてはダメなものという認識を持ちましょう!!特に百合は致死率が高く、生けた花瓶の水を飲むだけで命を落とす危険があります。


    誤食すると次のような様子が見られます。
    ●ひっきりなしか、間隔をおいて何度も吐く
    ●吐く仕草だけする
    ●食欲がない
    ●じっと丸まっている
    ●お腹を触ると嫌がる
    ●体が震えているなど・・・

    誤食した、もしくは他の原因で体調不良の可能性があります。早急な受診が必要となります。また、誤食物を取り出す手術が困難になる可能性があるので誤食から受診までの間は食餌をさせない様にしましょう!!
    猫ちゃんが誤食したもの、量、時間によって処置も異なってきますので、手がかりとなる情報は全て伝えましょう!!

    明けましておめでとうございます。2015/01/16

    昨年は様々な動物達と出会えたこと、病気が治って退院して行った子の元気な姿がみれたことなど嬉しいことがいっぱいありました。
    今年もスタッフ一同元気に診療していきたいと思いますのでどうぞ宜しくお願い致します。

    人間の病院ではインフルエンザの患者さんが増えているとのニュースを耳にします。くれぐれも体調にはお気をつけください。

    寒くなってきたので・・・2014/12/04

    こんにちは(^^)
    2014年も残すところわずか1ヶ月となりました。
    12月に入ってからより寒さを感じる気が致します。

    寒くなってまいりましたので、
    わんちゃん・ねこちゃんたちにも注意が必要になります。



    ①お部屋を暖かくする

    暖房を使うとお部屋は暖かくなりますが、
    案外足元は温度が低いなんていうことも・・・
    動物用のヒ-トマットを用いたり、
    ヒーターを用いたりして寒くないように注意しましょう。
    (※低音やけど、おひげが焦げないようにご注意ください!)
    お洋服を嫌がらない子であれば
    お洋服を着ることも防寒対策として効果的です。


    ②加湿器を使い乾燥しないようにする

    乾燥しているとウイルスが感染しやすくなります。
    また静電気を発しやすくなりますので
    わんちゃん・ねこちゃんに触ると「バチッ」と
    驚かせてしまうこともあります。
    適度な保湿を心がけましょう。




    ③予防接種を接種する

    混合ワクチンは追加接種として
    年に1回接種していただくことをお勧め致します。
    (混合ワクチンを接種するとウイルスの免疫を
    つくることができます)


    寒くなってくると、冷えによりウイルスに対する
    抵抗力が低下します。
    わんちゃん・ねこちゃんだけでなく
    飼主様も体調に気をつけてお過ごし下さいね(>.<)

    花小金井店往診2014/08/27

    獣医師の勤務スケジュール変更のお知らせです。
    9月より、毎週金曜日と第1・3・5週の土曜日が、コジマ花小金井店の往診の為、獣医師の勤務スケジュールが一部下記に変更になります。


    石井⇒第2・4週金曜日11:00以降不在

    松浦⇒第1・3・5週金曜日11:00以降不在

    藤本⇒第1・3・5週土曜日終日不在

    急な変更によりご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

    新しい獣医師が入りました。2014/07/27

    121183_ext_03_0.png 初めまして。
    府中動物病院勤務となりました藤本研志と申します。
    動物達はもちろん、飼主様達も含めて、皆様が安心できるような診察を心がけて参ります。
    お気軽にお声をかけて下さい!

    学生時代:馬術部
    趣味:映画・温泉

    よろしくお願いします!

    夏のお出かけ・緊急対処法2014/07/04

    118419_ext_03_0.jpg みなさん、こんにちは。
    7月に入り今年も残すところ半年となりました。
    7月の後半からは夏休みに入る方達もいると思います。
    そこで今回は、休日にワンちゃんやネコちゃんと一緒に車でお出かけしに行くときの注意点やもしもの時のための緊急対処法についてお話します。

    1.車でのお出かけ
    *ワンちゃん*
    お出かけ時、ワンちゃんは気分が高揚し、いつもより興奮しやすくなります。
    なので、安全な移動を心がけ、愛犬を興奮させすぎないようにしましょう。
    また移動時にも細心の注意をするようにし、車内放置は絶対しないようにしましょう。炎天下だと、エアコンをかけていても車内の温度は40℃近くまで上昇することもあります。
    リスクを回避するためには、
    1.木陰がある避暑地や涼しい森林公園など慎重に行先を決めましょう
    2.こまめに水を飲ませ、休憩をとりましょう
    3.ワンちゃんを車に待たせるなら、人も一緒に残りましょう

    *ネコちゃん*
    ネコちゃんは比較的暑さに強いといわれているものの、車内や室内で熱中症にかかってしまう猫も少なくはありません。
    車に乗せられた緊張で体温が上昇し、息を荒げるネコちゃんもいます。前日まで元気でも突然なったり、命に関わる症状が出ることもあります。
    リスクを回避するためには、
    1.車内はエアコンを入れ、ネコちゃんだけを置いてかないようにしましょう
    2.キャリーケース内を保冷剤で冷やしておきましょう

    2.応急処置
    *ワンちゃん*
    動きが鈍くなる、息が荒くなる、倒れる、意識がなくなるような症状が見られたら、一刻も早く冷やしてあげましょう。
    1.水をかけてワンちゃんの体を冷やす
    2.ワンちゃんの体を冷やしながら病院へ
    3.数日安静にする

    *ネコちゃん*
    口を開けて呼吸する、休みがちになる、体が熱い、よだれがとまらない、まともに歩けない症状が見られたら、車内の場合安全な場所に車を止め冷たいペットボトルをキャリーケースの中に入れてあげましょう。また、心配な時には獣医師に相談しましょう。

    夏のお出かけの際は、最寄りの動物病院を調べておきましょう。

    夏のお散歩・お留守番について2014/06/23

    117183_ext_03_0.png みなさんこんにちは。
    6月に入り、暑い日が続いています。
    梅雨が明ければ、すぐに夏の到来です!

    暑さにあまり強くないワンちゃん達には厳しいシーズンが始まります。
    今日は、暑い日のお散歩について、お話したいと思います。

    ①お散歩の時間
     まず、お散歩をする時間は日中を避けて、日が昇る前か日が暮れたあとに行きましょう。
     また、夕方のお散歩でも日中の熱がコンクリートに残っていたりすると、人には涼しいと感じるような気温でも、地面に近いワンちゃん達は蒸し暑さを感じていることもあり、熱中症になってしまったり肉球がやけどしてしまったりもします。
     お散歩の前に一度、地面を触って温度の確認をして下さい。手のひらを地面にあてて冷たいと感じる時間帯がワンちゃんにとって一番良いお散歩の時間帯です。
     

    ②お散歩する場所
     なるべく、風通しがよく直射日光を受けにくい、緑道や公園をお散歩させてあげましょう。また飼主さん以外の人に興奮しやすいワンちゃんなら、お出かけ先は人の少ない静かな場所を選び、興奮による急な体温上昇をおさえてあげましょう。

    ③お散歩の途中に休憩を入れましょう。
     休まず歩き続けると、体温があがり続けワンちゃんが息苦しくなったり、熱中症になることも。時々涼しい場所で休憩し、冷たい水を飲ませて体温をさげてあげましょう。

    外の暑さや熱気をまともに受けやすく、熱中症のリスクが高まるお散歩やお出かけ。しっかりと暑さ対策をして、ワンちゃんと暑い季節を楽しみましょう★

    フィラリア予防に関しまして2014/04/30

    110620_ext_03_0.jpg 近年、予防期間に投薬をしていたにも関らず、フィラリア感染をしたという獣医療報告が出ております。

    フィラリアに感染した状態で予防薬を投与することは、皆様の愛犬に重大な問題を引き起こす場合がございます。

    コジマ動物病院では、皆様の愛犬の安心・安全を第一に考え、最新の獣医療情報に基づき、本年度より予防薬を与える前の全ての皆様の愛犬に対し、フィラリア検査を行わせていただくことに致しました。


    皆様のご理解とご協力の程、宜しくお願い致します。

    事前受付2014/02/12

    102790_ext_03_0.jpg 府中病院にご来院の患者様へ

    以前にもお知らせ致しましたが、府中病院では9時30分から、事前受付を行っております。場所は駐車場側入り口にございます。
    診察券をお持ちの方は、診察券入れにお入れ下さい。診察内容によっては、お呼びする順番が多少前後する事もございますが、出来る限り受付表にお名前を記入して頂いた順で診察をさせて頂きます。
    尚、予め手術や、アニマルドックでご予約頂いている患者様は優先でお呼び致しますのでご理解ご協力をお願い致します。
    事前受付終了時間は9時55分までとなります。
    それ以降にご来院の患者様は、恐れ入りますが、二階の病院受付となります。ご了承お願い致します。

    獣医師スケジュール変更のお知らせ2014/01/23

    本格的に寒い日が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか?

    獣医師スケジュール変更のお知らせです。1/25(土)・1/26(日)は院長の石井は大阪で学会の為、不在となります。
    ご不便、ご迷惑お掛けいたしますが宜しくお願い致します。

    インフルエンザやノロウイルスが流行っておりますのでお気をつけ下さい☆

    2014年!!!2014/01/01

    98644_ext_03_0.jpg 明けましておめでとうございます☆祝2014年ですね!府中病院が開院して、4年目に突入致しました!!これからも飼い主様により満足いただけるようにスタッフ一同、力を合わせて頑張りますので、本年もどうぞよろしくお願い致します。
    皆様にとって、良い年であります様心よりお祈り申し上げます。

    開院前の受付につきまして2013/12/29

    98466_ext_03_0.jpg こんにちは(^^)
    クリスマスも終わってすっかり年末ですね。

    開院時間前の事前受付についてのご案内です。
    12月27日より、駐車場側の自動ドア前にて
    9:30~9:55までの間、
    受付表を設置させて頂くことになりました。
    ご記入順でお呼びさせていただきますので、
    受付表にお名前と来院理由を記入し、
    診察券入れに診察券を投入してお待ちください。
    *当日手術の方、アニマルドッグの予約をされているかたは
    優先してお呼びさせていたきますのでご理解ご協力を宜しくお願い致します。



    遅くなりましたが、
    写真はクリスマスということで、
    トナカイのお洋服を着ているかるるちゃん、
    トナカルちゃんです(^o^)/

    お薬が苦手な子には!2013/12/21

    97615_ext_03_0.jpg こんちには。
    最近はめっきり寒くなって冬らしくなりました。
    私たち人間にとっては暖かくても、
    人間の足元に目線のある動物たちは
    意外に寒いと感じているときもあります。
    温度管理には十分に行っていただいて、
    風邪などひかぬよう飼主様もご自愛ください。

    今回はグリニーズの「ピルポケット」のご案内です。
    お薬が苦手な子は、わんちゃん・ねこちゃんも飼主様も
    み~んな一苦労ですよね。
    そこで「ピルポケット」は、
    空洞部分にお薬を入れていただくと、
    チキン味のピルポケットがお薬を隠してくれるので
    簡単にお薬が食べられる、という商品です。
    いつも投薬は大変・・・と感じている飼主様、
    ぜひ一度お試しください(^^)

    グリニーズ新発売!!!2013/10/17

    90823_ext_03_0.jpg グリニーズ獣医師専用ガムが発売されました!!


    グリニーズ免疫サポート・・・乳歯から永久歯に生え変わる時期の生後6ヶ月からの愛犬に!!!(成犬になっても継続してお使い頂けます。)


    グリニーズ皮膚サポート・・・皮膚・被毛の健康が気になる愛犬に!!!

    それぞれ、6本入り、30本入りご用意しております。
    噛むことで歯垢を落とす歯みがき効果に加え、愛犬の健康維持をサポートする機能をプラスしております★

    その他デンタルグッズを取り揃えております。是非ご相談下さい(*^_^*)

    獣医師スケジュールの変更のお知らせ2013/08/02

    84356_ext_03_0.jpg 獣医師スケジュールが一部変更になりました。


    8月9日、10日
    堀 出勤⇒欠勤

    8月11日
    石井 出勤⇒欠勤
    堀 欠勤⇒出勤(16:00まで)
    柳橋 臨時出勤

    8月26日
    堀 出勤⇒欠勤


    ご迷惑をお掛け致しますがご理解宜しくお願い致します。


    写真は前回ご紹介させて頂きましたかるるちゃんです。
    最近は受付デビュー致しまして、皆様をお出迎えさせて頂いています。
    写真のように眠っていることもあります(^^)♪
    人が大好きなので、お会いすることがございましたら遊んであげてください。
    (まだ軽く甘噛みすることがありますのでご注意ください!)

    新しい仲間が増えました!!!2013/07/06

    82313_ext_03_0.jpg 府中病院に新しい仲間が増えました!!!アメリカン・カールの♀かるるちゃんです。(飼主は松浦先生です!)生後5か月のやんちゃな女の子です★
    最近乳歯が生え変わりました。
    眉毛に見える模様がチャームポイントです。かるるを見つけたら是非遊んであげて下さい!!
    ちなみに写真のセキセイインコは石井先生の息子のピースケです。病院内で良い声で鳴いています!!

    院長のシフト変更のお知らせ2013/07/06

    こんにちは。
    だんだん夏に近づいて参りました。
    熱中症など十分お気をつけてくださいね。


    8月から院長の石井のシフトが変更になります。

    変更前 月曜⇒午前・午後共に出勤
         水曜⇒不在

    変更後 月曜⇒16:00~18:45出勤
         水曜⇒出勤
         ※水曜日は午前診療のみになります。

    ご迷惑をおかけ致しますがご理解宜しくお願い致します。

    ☆府中病院からのお知らせ☆2013/05/22

    5月も残りわずかとなってきましたが、今の時期、動物病院は大変混雑しております。
    特に、土曜日、日曜日、祝日は診察までのお時間が、約2時間程お待たせしてしまう時があります。
    平日は比較的、短い待ち時間で診察が出来ますので、平日の診察をおススメしております。尚、多くの患者様の声から、4月より、水曜日の午前診療を始めました。ご不便お掛け致しました事を深くお詫び申し上げます。

    休診日は火曜日、水曜日午後です。ご理解、ご協力をお願い致します。

    数量限定!デンタルスターターキット2013/05/20

    78082_ext_03_0.jpg あなたの愛犬のお口をあけてみてください。
    気になるにおいがしたり、歯石がついていたりしませんか?

    本日は、ワンちゃんのデンテルケアについてお話ししようと思います。

    ワンちゃんは、虫歯にはなりにくいのですが、人の5倍のスピードで歯石ができるため、歯周病になりやすいことが知られています。

    歯周病とは、歯を支える歯肉や歯根に炎症がおこる病気です。
    なんと、3歳以上のワンちゃんの約80%が歯周病予備軍だといわれています。

    歯周病は、歯肉の炎症からはじまり、悪化すると、歯が落ち抜けたり、下顎の骨折を引き起こします。
    さらにはお口の中だけでなく、心臓や肝臓などの炎症にもつながるとっても怖い病気です。

    そんな怖い歯周病から、ワンちゃんを守るために、「デンタルスターターキット」をおススメしています。
    こちらのスターターキット、歯ブラシ、歯磨きペースト、歯磨きガム、アクアデントの4種類の歯磨きグッズが入っているので、ワンちゃんに合わせたお手入れ方法をみつけることができます!

    通常、2200円で販売のところ、数量限定でなんと!1000円で販売しています!
    この機会にぜひ、ワンちゃんのデンタルケアを始めてみてください☆

    注)デンタルスターターキットは、なくなり次第終了とさせて頂きますのでご了承ください。

    今年も多く飛んでおります…2013/03/16

    段々と暖かくなり、過ごしやすい時期に…とはいかない人も多いはず!!中々私達を快適に過ごさせてはくれない〝あれら〟が飛び回っているのが原因ですね。そう「花粉」です。病院スタッフも皆苦しんでいる今日。
    何も苦しんでいるのは私達人間だけではないみたいです。お家にいるワンちゃん、ネコちゃん達にも花粉症(アレルギーの一種)はあります。
    症状は人間のようにくしゃみ・鼻水が主ではなく、皮膚炎や目やになどがあらわれます。

    ワンちゃん、ネコちゃん達のアレルギーは花粉症だけに限らず、私達と同じように食物だったり、ノミ・ダニ、ハウスダストなど様々なアレルギーがあります。
    中々治らない皮膚の痒み・赤みはアレルギーが原因かもしれませんね。

    当院では血液によるアレルギー検査を行っております。ここで一度、大切な家族に何のアレルギーがあるのか知っておくのも良いかもしれません。
    詳しくは当院スタッフまでお気軽にどうぞ!

    ※アレルギー検査の結果には数日かかります

    4月18日の休診につきまして2013/03/11

    4月18日(木)につきまして、社内研修の為休診とさせていただきます。
    ご迷惑をおかけいたしますが宜しくお願い致します。

    獣医師スケジュール変更のお知らせ2013/03/10

    獣医師のスケジュールを一部変更致します。

    3月23日(土)
    松浦 出勤⇒不在

    以上の日程が変更になりなした。
    ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。

    獣医師スケジュール変更のお知らせ2013/03/01

    獣医師スケジュールが一部変更になりました。

    3月11日(月) 堀 16:00まで出勤⇒不在
             松浦 不在⇒出勤

    3月28日(木) 石井 出勤⇒午前のみ出勤

    以上の日程が変更になりました。
    ご迷惑をおかけ致しますが宜しくお願い致します。

    <デンタルケアをしよう!①>2013/02/22

    こんにちは。
    今回はワンちゃん、ネコちゃんの歯磨きのお話です。

    普段、お家で歯磨きをしていますか?
    動物さんの寿命が長くなった昨今では、
    体よりも歯が先にダメになってしまうケースが増えています。

    獣医学的にも、3歳を越えたワンちゃん、ネコちゃんの約80%が
    歯周病にかかっている、というデータもあり、
    これらを防ぐには毎日の歯磨きは欠かせません。

    最近、新しく子犬、子猫を飼い始めた方も、
    今まで歯磨きをしたことがない方も、初めの一歩は
    動物さんのお口を触ることから始めましょう。

    まず、動物さんをリラックスさせ、
    自分の指に動物用歯磨きペーストを少量とります。

    動物さんの口元に持って行き、興味を示してくれたところで
    少しだけ、お口の中を触ります。
    ここまでできたら優しく誉めてあげます。

    毎日短時間、約1か月くらいは(人間が)辛抱して続けましょう。
    抵抗なく触らせてくれるようになったら、次のステップです。

    続きは<デンタルケアをしよう!②>でお伝えします。

    ワクチンアレルギーについて2013/01/19

    今回はわんちゃん、ねこちゃんの健康を守るワクチンについてのお話です。
    ワクチンは感染症から体を守ってくれる働きをしますが、ごくまれに
    「ワクチンアレルギー」を起こす子がいます。


    ワクチンアレルギーとは?
    ワクチン接種による副作用のことです。即時型アレルギーと遅延型アレルギーの2種類があります。

    *即時型アレルギー
    全身性のアナフィラキシーショックで最も危険な反応です。
    (アナフィラキシーショック・・・体に異物が侵入し、体の外へ追い出そうとして起こります。)
    接種直後、けいれんする、ぐったりしている、嘔吐などの症状が見られます。
    すぐに処置をしないと最悪死んでしまう場合もあります。

    * 遅延型アレルギー
    接種後、数時間~24時間以内に反応がでます。
    接種部が熱をもつ、顔が腫れる、じんましんがでる、痒がる、下痢・嘔吐などの症状が見られます。



    接種後、体調に変化がありましたらすぐにご連絡下さい。

    ワクチンアレルギーを考えると怖くなってしまいますが、しかしワクチンを接種しないと感染症にかかってしまう恐れがあります。
    ワクチンアレルギーよりも感染症にかかった時の死亡率のほうが高いため、毎年の接種をおすすめ致します。

    たまに「去年接種して問題なかったから大丈夫!」とおっしゃる飼主様がいますが、突然なる場合がありますので100%大丈夫!といったことはありません。
    なるべくであればワクチン接種は、ワクチンアレルギーが発症しても病院で対処できる午前中が望ましいです。また、接種後よく様子を見ていられるようお時間に余裕がある日をおすすめ致します。

    Let'sキトントレーニング!2013/01/06

    ★ケージに慣らそう!!★
    猫ちゃん連れてくる飼主さんの多くが病院に連れてくる際、ケージに入れるのに、一苦労だとお話されます。お話を聞くとケージに入れるのに30分もかかったとか、猫ちゃんが暴れて引っ掻かれて傷だらけになったとか、うまくケージに入れられなかった日には病院に来るのを諦めるという方もいらっしゃいます。

    猫ちゃんはとても関連付けが上手な動物ですからケージに入れて動物病院に来て怖い思いをすればすぐにそれを関連付けて学習します。動物病院に来るときだけにケージを出してくるという様であれば、ケージを見ただけで逃げ出す様になるでしょう。
    そうならない様にするためにはケージは普段から部屋に置いておきクレートトレーニングをします。毎日、あるいは時々ケージの中に猫ちゃんの好物を置いておきます。もしケージを警戒している様子なら、最初はケージの外、そしてケージの中のドア近く、さらに少しずつ奥の方に置くようにすると良いでしょう。猫ちゃんは自ら入ってそれを食べ、これを繰り返すうちにケージの中にすぐに入るようになります。ケージの中にはおいしい物があると学習したのです。
    又、病院から帰って、ケージから出すと猫ちゃんが興奮して飛び掛ってきたとか同居している他の猫ちゃんと喧嘩になったという話しも耳にします。
    猫ちゃんは一度興奮するとその状態が長く続くことがあり、その際に近づいた相手に理由無く攻撃する場合があります。
    病院から帰ったあと興奮状態になっている場合はすぐにケージから出すのではなく、落ち着いてからケージを開ける様にすると良いでしょう。
    すでにケージ嫌いになってしまった猫ちゃんではまずはケージの近くで食事を与えるということから始めてみましょう!!!!

    冬の食べ物にご注意を!!2012/12/22

    “食欲の秋”よりもおいしい物が連なる冬。例えば…鍋、正月のおせちなどなど。ペットちゃん達にとっては何かと誘惑がいっぱいの時期です。
    「大切な家族だから一緒に」っとどうしても思ってしまいますよね。しかし、人が食べて平気でもペットちゃん達が食べると大変な事になる食べ物も多々あります。
    今回はそんな中でも特にこの時期ならではの食べ物をピックアップ!!

    ☆まずは鍋物。一見身体に良さそうに見えるけど…
     ・ネギ類…ネギ類に含まれる成分で貧血になってしまいます
     ・小松菜・ほうれん草…尿石症の原因に
     ・魚介類…消化が悪く、下痢・嘔吐の原因に
     ・鶏や魚の骨…刺さりやすく、食道や内臓を傷つけることも

    ☆聖なる夜といえば!
     ・ケーキ…糖分が肥満や歯周病のもとに
     ・果物…ぶどうなど原因は明確でないが、あげると様々な症状が出る事も

    ☆明けましておめでとうございます!ペットちゃん用ならOKです。
     ・おせち…塩分を多く含む食べ物は心臓や腎臓の負担になってしまいます

    ☆2/14♪渡す物や渡された物…ペットちゃん達が狙ってますよ!
     ・チョコ…嘔吐、興奮、不整脈などいわゆるチョコレート中毒の原因に


    以上、季節柄の食べ物をピックアップしてみました。ご参考までにどうぞ!
    それでは皆様、良いお年を。

    忘れていませんか??2012/12/06

    フィラリアの投薬は『12月まで』です!

    もう蚊がいないから…と投薬を中止していませんか?
    感染期間終了から1ヵ月後の投薬がとても重要です。
    日本犬糸状虫症研究会の調査によると、
    東京では11月まで感染リスクがあると考えられるため、
    12月までは投薬を続けましょう。

    フィラリア予防は最後の投薬日(駆虫日)が重要です☆

    途中で止めてしまった方、毎月の投薬に抜けがあった方も病院にてご相談下さい。

    わんちゃんの冬の健康管理2012/11/11

    寒い季節がやってきました。
    室内飼育で快適な環境に慣れた最近のわんちゃんたちは、
    冬の寒さは苦手です。
    冬は空気が乾燥し、わんちゃんも人と同じように体調を崩しやすい為、
    健康管理には十分な配慮が必要です。


    ・飲水量の低下
    冬は夏に比べて飲水量が低下しがちです。
    結果、おしっこの濃度が濃くなり量中のミネラルが結晶化して
    尿路結石や膀胱炎などの泌尿器の病気にかかりやすくなります。
    いつでも新鮮なお水が飲めるように注意してあげてください。


    ・室内
    わんちゃんの適温は犬種や年齢によって異なりますが、
    だいたい20~25度になります。
    暖房を長時間使う冬は空気が乾燥し、ウイルスが蔓延しやすくなります。
    加湿器をつけたり、濡れたタオルをかけたりして
    湿度をあげると乾燥を防ぐのに役立ちます。
    暖房器具を使われるときは、ストーブやファンヒーターに
    近づきすぎて被毛を焦がしてしまったり、
    ホットカーペットや電気毛布などで
    低温やけどをしてしまう事もありますので十分注意してあげてください。

    わんちゃんたちにとって快適な環境をつくってあげてくださいね(^^)

    院長不在のお知らせ2012/11/09

    12/10~12/15まで出張のため院長不在となります事あらかじめご了承頂きます。
    ご迷惑おかけしますがよろしくお願い致します。

    獣医師スケジュール一部変更のお知らせ2012/10/29

    堀獣医師のスケジュールが変更になりました。

    11月1日(木)
    堀 16:00まで出勤⇒不在

    11月2日(金)
    堀 16:00まで出勤⇒不在

    11月3日(土)
    堀 不在⇒出勤(16:00まで)

    11月5日(月)
    堀 16:00出勤⇒午前のみ出勤


    急な変更によりご迷惑をお掛け致しますがよろしくお願い致します。

    肥満について2012/10/19

    ★肥満から引き起こされる病気★
    心臓は肥満で大きくなった身体全体に血液を送らなくてはならないため、負担が掛かるようになり、重くなった身体を支えている骨・関節はもろくなってしまい股関節形成不全症や椎間板ヘルニアを起こしやすくなります。
    分厚い脂肪が身体を覆い汗がかけないワンちゃんは体温調節が出来ずに熱中症を起こしやすくなります。糖分過多・脂肪過多の状態は糖尿病や肝臓病などにもつながっていきます。

    ★肥満になる主な原因★
    ①食べすぎ
    ②運動不足
    ③避妊・去勢手術
    ④内分泌性のホルモン異常、内分泌性ホルモン異常以外はほとんど肥満の要因は日々の生活環境中にあるといえます。
    まずは食事の与え方をどのように行っているかをしっかり見直すことが大切です。

    ☆年齢に合った食事を与えていますか?☆
    年齢に応じて消費カロリーも変化してくるため年齢に応じたフードを与える必要があります。


    ☆おやつをあげた場合はその分食事を減らしていますか?☆
    ご褒美として与えるおやつは少量だと思って食事と考えていない事が多いですが、2回、3回と増えれば摂っているカロリーもどんどん増えていきます。
    他にもついつい人と同じ食事を与えてしまったり、家族全員が各々おやつを与えてしまうことで着々と肥満に向ってしまいます。


    ワンちゃん、ネコちゃんは自分でごはんを選べませんし、与えれば空腹でなくても食べてしまうものです。ワンちゃん、ネコちゃんが肥満にならないためには、食事管理が重要と言えます。
    適切な分量と、毎日運動を行う事が肥満の予防に繋がります。
    ワンちゃんのみ、体脂肪測定も当院で行っています!お散歩がてらお気軽に体重測定だけでもご来院下さい!!!

    わんちゃん・ねこちゃんの冬になりやすい病気とは…2012/10/05

    わんちゃん・ねこちゃんも寒くなると水分をあまり摂ってくれなくなります。そんな時期になりやすい病気が「尿路結石」です。
    今回はこの病気について!!

    □尿路結石って??
    まず結石とは体の中のミネラル成分が濃縮され作られる石のような物。最初は顕微鏡でしか見えない結晶という状態です。それが集合し固まった物が結石となります。
    この石が膀胱を傷つけたり、狭い尿道に詰まったりしてしまうのです。

    □結石はなぜできるの?
    食事から過剰に摂取されたミネラルは尿中に排泄されます。この尿中のミ ネラルが結晶化し、さらに時間が経つと石化し結石となります。これが尿 路でとどまる事で尿路結石となります。
    細菌感染、炎症、尿Ph、おしっこの濃さ、遺伝的など結石を作る要因とし て関わっています。

    □♂ねこちゃんは要注意
    ねこちゃんはもともと水の少ない乾燥地域にいた動物なので、飲水量はわ んちゃんに比べて少なめ。なのでおしっこも濃く結石ができやすい状態な のです。その上♂ねこちゃんは尿道が長くて狭いので結石が詰まりやすく なっています。

    □どう予防したらいいの?
    ・適切な食事管理…マグネシウムやカルシウムなどのミネラルを適度に調  節してあげましょう。基本的にはわんちゃん・ねこちゃん用のご飯で。人の食事やミネラルウォーターはミネラルを多く含むため控えましょう。

    ・水分摂取…いつでも新鮮な水を飲める環境を作りましょう。あまり水を  飲んでくれない子はたまに、いつも食べているご飯に水分を含ませてあ げると良いでしょう。

    ・トイレ…いつもしているトイレが汚れていたり、突然変わったりすると
     おしっこを我慢してしまう子がいます。トイレはいつでも利用しやすい 環境を作ってあげましょう。

    ・適度な運動…ストレスや運動不足は結石症だけでなく、大病の元!!
     適度な運動を心がけましょう。

    □うちの子もしかして…!?
     ☆おしっこがピンク、もしくは赤色。血が混じっている。

     ☆トイレで何度も力む

     ☆なかなかおしっこが出ない

     ☆トイレに行く回数が増え、1回のおしっこ量が減った

     ☆いつもと違う場所でおしっこする

     ☆元気・食欲がなく、たまに吐く

    こにような症状がみられる場合は尿路結石の可能性があります。
    まずは当院へご相談を!!
      

    大切なペットの「健康の記録」…ありますか?2012/09/22

    夜は気持ち良い風が吹くようになりましたね。
    皆様ののワンちゃん・ネコちゃんはこの夏を健康で乗り切れましたか?

    今回は健康診断についてのお知らせです。
    コジマ動物病院では「アニマルドック」という健診コースをご用意しております。
    健診というと…「病気かも知れないから」とか「もう高齢だし心配だから」といった理由で受診するイメージがありがちですが、実は若くて元気な仔にも必要なんです!!
    というのも
    ↓↓↓
    ①その仔の健康状態を把握する
    ②隠れている病気をみつける(病気の早期発見)
    ③健康に関するデータを記録に残していく
    ことに繋がるからです。
    特に③に関しては、今後の健康管理に多いに役立てる事ができます。
    皆様のワンちゃん、ネコちゃんの健康データを定期的に積み上げていく事で、単回の健診では発見できないちょっとした変化や異常をぐんっと見つけやすくなるのです。これは病気の早期発見や予防にも繋がります。

    始めるなら早い方が吉!!
    コースもいくつかご用意しておりますのでお気軽にどうぞ。

    ※アニマルドックは予約制になります。受診前は必ずご連絡ください。

    去勢手術について2012/09/10

    今回は男の子の去勢手術のお話です。


    去勢手術は「精巣を取り出す手術」のことであり、
    男の子のための手術です。

    去勢手術をする事により、犬猫共に

    ・精巣、前立腺の病気にかからない
     (前立腺肥大、精巣腫瘍など)
    ・マーキングの予防
     (100%ではありませんが・・・)

    などのメリットがあります。



    逆にデメリットの点では女の子と同じように、

    ・太りやすくなる(食事のコントロールで防げます)
    ・手術の時期が早すぎると尿漏れの原因となる可能性がある

    といったことがあります。



    手術までの流れは前回ご紹介しました避妊手術と同様になります。


    ご不安な方は獣医師にご相談ください。
    詳しくは当院スタッフまで!

    避妊手術について2012/08/25

    54585_ext_03_0.jpg 避妊手術は、「子宮や卵巣を摘出する手術」のことであり、
    女の子のための手術です。

    一般的には、<避妊手術=子供をつくらせないため>という
    イメージでとらえられがちですが、それだけではありません。

    例えば・・・


    ○犬の場合
    ・子宮、卵巣の病気にかからない
    (子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、子宮内膜炎、子宮癌 等)
    ・乳腺腫瘍の発生率を低下させる
    ・生理や偽妊娠が起こらない    など

    ○猫の場合
    ・子宮、卵巣の病気にかからない
    (子宮蓄膿症、卵巣腫瘍、子宮内膜炎、子宮癌 等)
    ・乳腺腫瘍の発生率を低下させる
    ・さかりがなくなる        など

    このようなメリットもあるのです。


    逆に、
    ・太りやすくなる(食事のコントロールで防げます)
    ・手術の時期が早すぎると尿漏れの原因となる可能性あり
    ・子供ができない
    このようなデメリットもあります。



    ~当院での手術までの流れ~

    当院では、生後6ヶ月から受付を行っております。
    始めに

    1.術前検診(※ご予約は不要です)
    手術に耐えられる体かどうか、体の成長具合を確認します。

    2.手術のご予約
    術前検診を受診後のみ受け付けています。

    3.手術
    手術前に血液検査、レントゲン検査を行います。
    問題がなければ手術を行い、一泊入院となります
    (男の子猫ちゃんのみ、日帰りが可能です)


    ご不安な方は、獣医師にご相談ください。
    詳しくは当院スタッフまで!

    誤食に注意!!!2012/08/11

    お家の中やお外には口に入れてしまうと危険な物がいっぱい。
    “こんな物食べないだろう”と思っていても好奇心旺盛なワンちゃん、ネコちゃん達はすぐにぺロリ。
    さらに飲み込んでしまうと大変です。
    固形物であれば腸に詰まってしまったり、有毒な食べ物や腐敗物であれば、下痢・嘔吐・中毒の原因にもなります。
    お外には有害な植物や、寄生虫の原因となる生物もいます。
    大切な家族のためにこういった事を未然に防げるように注意深くみてあげましょう。

    真夏のお留守番・お散歩にご注意!!!2012/07/09

    炎天下中のアスファルト温は50℃近くまで達します。そんな中お散歩に行くとわんちゃん達は裸足で歩いているようなもの、当然火傷してしまいます。
    さらには地面との距離が人より近いため直に照り返しを受け熱中症を起こしやすくなっています。
    お留守番も同様に注意が必要です。蒸し暑い室内や車中での留守番は熱中症の原因の一つです。
    特に炎天下の日差しが強く当たる車内は熱がこもって温度が急上昇したった数分で熱中症になってしまいます。

                 ↓↓↓なので…

    ★お散歩★
    お散歩は日中を避け涼しくなった夜間もしくは朝方に行くようにしましょう。しかし涼しくなったからと言って長時間のお散歩は危険です。アスファルトは夕方~夜間にかけて徐々に冷めていきます。その最中にも発散熱が出ているため、わんちゃん達は知らないうちに脱水症状を起こしてしまいます。こまめに水分補給をさせ夏期の長時間の散歩は避けましょう!!!


    ★お留守番★
    お留守番中はエアコン等で部屋や車中の温度を適温(25~28℃)にして密閉空間にせず、わんちゃん達が自分で涼しい所に移動できる状態にしておきましょう。


    ★グッズ★
    当院1階ペットショップコジマ府中店にて熱中症対策グッズを販売しております。
    お気軽にどうぞ!!!!

    アニマルドックのご案内2012/06/04

    当院ではアニマルドックをおすすめしております。
    一般的な身体検査に加え、血液検査などを行い病気の早期発見につなげます。この際に一度、大切な家族のためにアニマルドックを受けてみてはいかがでしょうか?
    各種検査コースがございます。ご不明な点はスタッフまでお気軽にどうぞ。

    ※当院では完全予約制になっており、事前に検査キットのお渡しが必要となりますのであらかじめご了承下さい。

    フィラリアの予防シーズンになりました2012/06/04

    当院の周辺地域では4月~12月までの予防が必要となります。毎月忘れずに予防してあげましょう。
    予防をし忘れた場合、ご不明な点は獣医師にご相談下さい。

    ネコちゃんのフィラリアについて2012/06/04

    ワンちゃんでよく知られているフィラリア症。実はネコちゃんにも感染する事をご存知ですか?これを機にネコちゃんもフィラリア予防を行う事をおすすめしております。
    当院では簡単につけられるスポット剤がございます。ご不明な点はお気軽に獣医師までどうぞ。

    ノミ・ダニの予防2012/06/04

    暖かい時期になりノミ・ダニの活動も活発になりますので、お散歩や、草むらが大好きなワンちゃん達には予防をおすすめします。
    ネコちゃん用の予防薬もございますのでお気軽にどうぞ。

    banner_medical.png
    banner_vetsletter.png
    faq.png